シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

ないと思っていても物はある。捨てる生活を始めたほうがいい5つのサイン。


Pocket

捨てる生活を始めたほうがいい兆候を5つお伝えします。

「私の家は、断捨離とは無縁だ、だっていらない物なんて買っていないから」。そんな人も今一度、家の中を見渡してください。

よけいな買い物をしていなくても、用済みの物をコンスタントに捨てていないと、部屋の中はみるみるガラクタで埋まってしまいます。

以下に書く状況が1つでもあったら、すぐにでも捨てる生活に入ることをおすすめします。

1.物をどこにしまったらいいのかよく考え込む

掃除や片付け物をしているとき、外に出ているものをさっとしまえないなら、物が増えすぎているかもしれない、と疑ってください。

しまうべき場所が、他の物で占拠されている可能性が高いからです。

物があふれていると、多くの人は、「この部屋、そろそろ手狭になってきたわね」なんて思います。

しかし事実は、物が多すぎるだけなのです。

家は倉庫ではありません。

私が物持ちだった頃、部屋が片付かないのは、ちゃんとした洋服ダンスがないせいだ、と信じて疑いませんでした。

アメリカ映画やドラマに出てくるようなウォークインクローゼットがほしいとずっと夢見ていました。

ウォークインクローゼットがあれば、すべてをきれいに収納できて、部屋もスッキリすると思っていたのです。

もちろん、諸悪の根源は多すぎる洋服でした。

ウォークインクローゼットなんて持ってしまったら、ますます洋服が増えるだけです。

2.引っ越して3ヶ月以上たつのに荷物の入った箱がある

実はこれ我が家のことです。未だに夫の引っ越しの荷物がキッチンにあります。ちなみに、引っ越してきてからそろそろ2年です。

「ひどいわね~。家はそんなことないわよ」と笑っているそこのあなた、押入れに、引っ越してきてから一度も開けていない箱、ありませんか?

転勤族でも、意外と引っ越してきてから中身を開けずそのまま放置している箱があったりします。

直前の引っ越しでも、その前の引っ越しもずっと箱ごと移動していた荷物です。そんなに大きな箱ではありません。

中身は「思い出の品」であることが多いです。

人は、いったん箱に何かを入れて、押入れにしまい込むと、すっかり忘れてしまいます。

吉本由美さんも、「もう捨てていい物」とかなんとか段ボール箱に書いたまま、何年もその箱を持っていたそうです。

吉本由美さんを知らない方はこちらをお読みください⇒吉本由美の「一人暮し」術が、シンプルライフの参考書として威力を発揮した

我が家はそんなに物がない、と思っている人も、一度、押入れの中をしげしげと眺めてください。

ここ何年も開けていない箱があるのではないでしょうか?


3.収納家具でないものを収納に使っている

収納家具とは、物をしまうのが主な用途の家具です。

たとえば、洋服ダンス、キャビネット、チェスト、本棚、ロッカー、ワゴン、食器棚、シェルフ(棚)、ラックなど。

このようなものに物を入れるのは正解です。しかし、もしかしたら、こんな家具にめったに使わない物を置いてはいませんか?

ベッド、ソファー、椅子、スツール、ダイニングテーブル、ちゃぶ台、パソコンデスク、テレビ、シンク、シンクの横のカウンター。

このような家具は物を収納するものではありません。もし、物入れではない家具に、物をのせたり、かけたりしていたら、物が多すぎる印です。

家具ではありませんが、積み重ねた新聞や本の上に何かをのせている人もいます。箱の上に箱を重ねたり。

もちろん床や壁も物を収納するスペースではありません。

もう何年も、家の中のあらゆるスペース、すき間というすき間を活用する収納法が人気です。

そのため、「どこでも収納に使っていいのだ」と思っている人がいます。ですが、そんなことをしていると、ストレスがたまる一方なのです。

4.しょっちゅうどこかに物を押し込んでいる

飛行機の荷物入れ(機内に持ち込む荷物を入れる棚)は、満杯になって、なかなかふたがしまらないことがあります。

ふたを開けたまま運航するわけにはいかないので、乗客やフライトアテンダントが、中身を整理して、すき間のないように入れて、ふたをきっちり閉めようとしている姿をよく見かけます。

こんなことが、自宅で頻繁に起きていたら、物が多すぎです。

引き出しの開け閉めがスムーズにできないとか、衣裳ケースのジッパーがきっちり閉まらないといったことです。

家の中の物は、飛行機のように空を飛ぶ必要がないので、ふたをきっちりしめず、そのままにしてしまう人がいます。

押入れのふすまがずっと半分空いたまま、ということはないでしょうか?

ふたや扉、ドアなど、閉めるべきものは、いつもきっちり閉めておかないと、知らないうちに大きなストレスになります。

家の中にある未完了のものは極力減らすべきです。

未完了のものがストレスを生む話はこちら⇒梅雨で気分がスッキリしないあなたに~毎日5つだけ捨てて暮しを変える

「扉があいたままの家具なんてない」という方も、食品のストックを入れているケースのフタを無理やりしめているかもしれません。

実際、昔の私は、ジップロックコンテナに、リボンやボタン、ビーズをびっしり入れて、無理やりフタをしていました。

フタが浮いてくるところを力技で閉めている、中が満杯なのに無理やりジッパーを引いている、そんなものがないか、チェックしてください。

それはすごく大きい収納家具かもしれないし、ペンケースや財布のように小さいものかもしれません。

どんな物でも、中身を入れすぎるのは禁物です。

重いスーツケース

スーツケースに物を詰め込む人の家には物が多い。

5.休みの日は片付けに追われている

会社が休みの日は、部屋の中を片付けてばかり、という人は物を持ちすぎです。

これも、物持ち時代の私の行動です。

日曜日は、洋服をきれいにたたんで1枚でも多く引き出しに入れようとしたり、ハンガーにかけようとしていました。

引き出しの中の文房具をきれいに並べなおしたり、アクセサリーが入っている箱の中を整理したり。

出して、並べ直し、また入れ直す。時には場所を移動させる。

いわゆる整理整頓です。

整理整頓するだけでは、物の絶対量は変わらないので、また時間がたつと、散らかります。そこでまた中身を整理し直します。

考えてみると、ずいぶん無駄なことに時間を使っていました。

いらない物を捨てた今、こういう整理整頓は全くせずにすんでいます。小物を入れている引き出しはスカスカですから。

くしゃくしゃになる場所があるとすれば、机の一番上の引き出しでしょうか?ここは、今、使っている書類やノートを入れているので、時々、中身を断捨離して、整理しています。

引き出しの画像はこちら⇒パソコンと引き出しの中を断捨離しながら、ゴミをためない方法を考える

所要時間5分というところです。

ところが、物をたくさん持っていたときは、毎週のように片付けに、1時間、2時間と平気で時間を使っていました。

☆「私も断捨離したほうがいいのかしら?」そんな疑念がある方はこちらもお読みください。

こんな兆候があったら要断捨離。新学期が始まる前に片付けを。

こんな口癖がある人は物を持ちすぎ。断捨離どきのサイン、6パターン。

=====
物がたくさんあるときは、自分にとってそれがデフォルトになってしまうため、「物が多い」という事実になかなか気づくことができません。

もし、何となく暮らしにくい、スムーズに動くことができない、と思うポイントがあったら、物が多すぎるのではないか、と疑ってください。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索