シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

何度も失敗したけど、今も前を見て進んでいます~「ミニマリストへの道」のまとめ(1)



浪費ばかりして無駄な物をたくさんためていた筆子が、ミニマリストになるまでをつづっている「ミニマリストへの道」シリーズの目次(まとめ)を作りました。

最近このブログを読み始めた方や、時系列でしっかり読んでみたい方は、この順番で読むのをおすすめします。

目次を作るにあたって、すべての記事に、短いエピローグをつけました。すでに読んだよ、という方も、新しい発見があるかも。

古い記事が上になっています。
今回は第1話から20話までリストアップしました。

1:物がたくさんあっても幸せではなかった
20代の筆子。物を持ちすぎていて部屋がくしゃくしゃ。どうしてそんなに物が増えてしまったのでしょうか?

2:私が断捨離を始めた5つのきっかけとは? 
きっかけは5つありましたが、物理的に暮しにくかったのが1番の理由です。

6畳の洋間に、ベッド、机、洋服ダンス、ファンシーケース、本棚、カラーボックス2つを入れてきちきち。大きなステレオもありました。

それでも物が収まりきらず、カラーボックス2つの上に、別のカラーボックスをを横置きしていたくらいです。

3.なぜ私はあんなに物を買ってしまったのか? 
心の中に満たされないものがあったので、買い物に走っていました。不満の1つは自分の容姿。デブだったんですよね。でもよく考えると、体重はそこまで変わっていません(ダイエットのリバウンドをしたので)。



4.大量に断捨離したのにリバウンドした理由 せっかくたくさん捨てたのにリバウンドしました。

5.浪費が止まらない日々 
派遣時代の仕事ぶりや給料について書いています。実家に住み、そこそこいい給料をもらっていたので、ふつうの人なら貯金するところです。

6.私の浪費が止まったきっかけとは?
ひょんなことがきっかけで、私の浪費が止まりました。このきっかけは私のカナダ行きにも関係があります。

7.浪費と投資の違いとは? 
目的が明確でないお金の使い方は投資とは言えないでしょうね。

8.その場限りの喜びにではなく、少し先の幸せを追い求める 
物を買うことで幸せになろうとしていた私が、別のところに幸せや喜びを見出そうとしていた話。

9.ボストンバッグ1つの生活のはずがなぜこんなふうに?
新しい土地(カナダ)で今度こそシンプルライフを送るはずが予想外の展開に。

10.主婦が物を増やす3つの習慣とは?
この頃染まっていた悪しき習慣はしっかり断捨離できました。高い授業料を払いましたが。

11.『天然生活』にあこがれながらも、捨てる道を選んだ理由とは?
昔からいろいろな雑誌を読んできましたが、今は雑誌は何も見ていません。『天然生活』が私がはまった最後の雑誌。「自分の生活」をこうしてブログで発信している今は、雑誌は必要ないのかも。

12.断捨離生活のモットーは『収納』するより『捨て』なさい

「『収納』するより『捨て』なさい」という本は、断捨離本や片づけ本をよく読んでいる「耳年増」な人には、「そんなこと全部わかってる」というようなことしか書いてないかもしれません。

でも、私にとっては、一気に捨てる生活を加速してくれた救世主のような本です。

「生活スペース&時間が2倍になるとっておきの「捨て」テクニック集」と表紙にありますが、あながち嘘ではありません。

捨てるとスペースがあくことは、誰でも想像できると思いますが、シンプルライフの本当にすごいところは「時間ができること」なのです。

13.持たない暮しや断捨離は子どもがいると実践できないのか? 

子どもがだんだん育ってくると家の中に物が入ってきました。おもに2つの経路をたどって入ってきたのですが、13話ではその1つを書いています。

これはかなり手強い「物の流入」でした。

14.おもちゃが大量に家に入っていたのは、断捨離マインドが定まっていなかったから

子どものおもちゃの増殖は、どこの家の親御さんも悩んでいるのではないでしょうか?

あるルートからたくさん入ってきた娘のおもちゃは1/3ぐらいは、あまり遊ぶことなく断捨離するはめになりました。

過ぎたるは及ばざるが如しなのです。

15.どんなに断捨離したくても、子どものおもちゃは捨てないほうがいい理由

子どものおもちゃの話が続きます。この記事には、「おもちゃの捨て方」も書いています。

16.収納や整理整頓にはまって断捨離の遠回りをする日々

短期間ですが、収納の罠にはまったことが筆子にもありました。

17.子どもの写真の断捨離と整理の方法

収納の話の流れで、子どもの写真をどうやって捨てたか、残ったのをどんなふうに整理しているのか書いています。

18.中国語の教材と本を断捨離するのに12年かかった私がとうとうたどりついた真実とは?

いつか使うかも、のいつかは何年たっても来なかった典型的な実例です。

19.これなら、モノが捨てられる、お片づけのトレーニングメニューを取り入れた頃~ミニマリストへの道(19)
10年前にモノを減らしはじめたころは、今のように、断捨離のホームページやブログは多くありませんでした。

検索して見つけたお片づけのサイトは秀逸で、とてもお世話になっていました。なくなってしまったのが残念です。

20.『ガラクタ捨てれば自分が見える』で衝撃のスペースクリアリングに出会う
筆子が1番よく読んでいる片付け本がこのカレン・キングストンの本です。

彼女はもともと風水をするプロなので、いわゆる片づけ本はこの本だけ。

この点、似たようなことをちょっと視点を変えて書き、本を出し続ける断捨離やお片づけの先生たちとは違います。

私的には、この本1冊を読みこめば、暮しはシンプルになると思います。

目次の続きはこちら:
タメコミアンの夫に負けず断捨離を続けた頃~「ミニマリストへの道」のまとめ(2)

貧乏だからミニマリストになった?「ミニマリストへの道」のまとめ(3)

grey dot line

「ガラクタ捨てれば自分が見える」の文庫本は、お風呂で読みぼよぼよになってしまったので処分しました。

その後、原書と、オーディオブック、Kindle版を購入。3つともバージョンが違い、新しい内容が少しずつ追加されています。

「片付け本」が当たったからといって、似たような内容で、何冊も出さないのもカレンのいいところです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索