りんご

ミニマルな日常

簡単に暮らしをシンプルにできる7つのアクションプラン

もっとシンプルな暮らしをしたい人のために、今すぐできる実践的なテクニックを7つ紹介します。

「何をどうしたらシンプルライフになるかわからない」「いつも部屋が片付かなくていらいらしている」「忙しすぎて疲れが取れない」。そんな悩みがあるなら、まずはこんなことから始めてみては?

いずれもごく簡単なことばかりです。



アクション1:ダイニングテーブルの上からガラクタを取り除く

ガラクタはガラクタを引き寄せます。テーブルの上にはできるだけ何も置かないほうが、いつもきれいにしておけます。

我が家のテーブルにはフルーツがのっています。他に置くところがないからです。テーブルの上に何も置きたくない私ですが、これはよしとしています。

ダイニングテーブル

夫の祖母が使っていたものすごく古いテーブル

というのも、果物を置いておいても、ガラクタが集まってこないからです。

なぜか?

果物はガラクタではないので、引き寄せの法則が働かないからです。

どうしても、ダイニングテーブルの上に何か置きたいならこんなものがいいのでは?

●シンプルな入れ物に入ったフルーツ

●小さなプラント(サボテンとか)。
私はプラントを置くのは好きではありませんが、プラントの周りにガラクタは集まらないはずです。

●シンプルな花瓶。花が入っていても入っていなくてもよいです。

●ランチョンマットやテーブルランナー
私は置きたくありませんが、テーブルのデザインによってはよいと思います。テーブルランナーとは、テーブルの上で走る人ではなく、テーブルの真ん中におく帯みたいなものです(下の写真参照)。

●キャンドル
私は置きませんが、大きくて素敵な部屋に住んでいる場合、キャンドルを置いてもいいでしょう。

ちなみに、この写真のテーブルには、テーブルラナー、花瓶、キャンドルが置かれています。ちょっと物がありすぎですが、ガラクタがのっているよりはいいと思います。

花瓶ののったテーブル

キャンドル鳥の巣アレンジ

アクション2:シンプルな食器を使う

ダイニングテーブルつながりで食器のお話をします。手持ちの食器を少し断捨離して、シンプルなもの、そこそこ質のいいものだけを残してください。わざわざ買う必要はありません。

欠けた食器、薄汚れた食器、バラバラな食器は捨てて、統一感のある、きれいな食器を少しだけ使うようにすると、暮らしがシンプルになります。

もし、お客さん用にきれいな食器をしまってあるのなら、日常使いにしてください。カトラリーやお箸もちょっといい物を使ってください。

お気に入りの食器は毎日使ったほうが、気分がいいものです。

せっかくいい食器があるのに、今いちな食器を使うなんてもったいないです。「持たない暮らし」だからといって、皆が、私のような貧乏路線を取る必要はありません。

シンプルライフは自分を大事にする暮らしです。





アクション3:家中の紙ゴミを集める

1枚1枚はたいして場所を取らない紙類。しかしそれがあだとなり家のあちこちにひそんでいます。

チラシ、学校からのお便り、デリバリーピザのメニュー、保証書、パンフレット、マニュアル、レシート、クーポン券、メモ書き、DM、子供のお絵かき、お菓子の包み紙など、ありとあらゆる紙を拾い集めて一箇所にまとめてください。

そして、ゴミは捨ててください。

近藤麻理恵さんは、書類は全捨てが基本と言ってます。家の中にある8割の紙は不要なゴミである、という説もあります。

「書類全捨て説」が書かれている本について⇒近藤麻理恵の「人生がときめく片づけの魔法」の英語版の感想~ベストセラーの秘密は東洋の神秘にある?

紙ゴミを拾い集めて、しかるべき処置をするだけで、毎日がかなりシンプルになります。

紙ゴミを増やさない方法⇒紙類をためこまない7つの方法。まめな断捨離に増やさないシステムをプラスする

☆2016/05/17追記:「家や土地の権利書や登記簿は処分しても本当に大丈夫でしょうか?確かこれらの書類は再発行は不可能もしくは困難と、聞いたことがあります。

家、土地の売買や相続の手続きには必ず必用な書類ですが、それらの書類を処分していた場合、こんまりさんはどう対処されるおつもりなのでしょうか?」

という質問が届きました。

もちろん、必要なものは取っておいてください。こんまり先生だって、パスポートやら種種の契約書はちゃんと取ってあるはずです。

私だって、必要なものまで捨てろと書いておりませんよ。

アクション4:余白を作る

家の中でどこか一箇所だけ何もない場所を作ってください。シンプルな生活には余白が必要です。

余白はどこに作ってもいいのですが、たとえばこんなところはどうでしょうか?

●壁
●棚を1段だけ
●小さなテーブル(ベッドサイドテーブルとか)。もちろん大きなテーブルでもいいです。
●冷蔵庫の外側

余白を作る場所を見つけたら、そこから何もかも取り去ります。次に表面をきれいに拭きます。

その余白を最低1週間はキープします。

毎日その余白を見て、自分がどんな気持ちになるか、その気持ちに意識を向けてください。きっととてもいい気分だと思います。

1週間たって余白を何かで埋めてもかまいません。ですが、時々、また余白を作ってみてください。

冷蔵庫の表面をきれいにする方法⇒シンプルライフ、何から始める?~まずは冷蔵庫の表面をきれいにするとうまく行く

アクション5:寄付箱を作る

家の中から、箱を見つけてください。靴箱でもいいし、もっと大きな段ボール箱でもいいです。

通販を利用する人なら、どこかに箱が余っているはずです。

その箱がいっぱいになるまで、寄付したいもの、バザーに出したいものを入れてください。

箱がない人はトートバッグやエコバッグなど、ふだん全然使っていないバッグを寄付袋としてください。

アクション6:モニターの電源を半日切ってみる

モニターとは、スマホ、パソコン、テレビ、ゲーム機のことです。

本格的なデジタルデトックスをやってもかまいませんが、まずは数時間、あらゆるモニターやスクリーンから離れてみてください。

デジタルデトックスのやり方⇒スマホ疲れしてませんか?~簡単デジタルデトックスで心の余裕をとりもどす

モニターの電源を切ると暇になると思います。その時間は、これまでやりたいと思っていたけど、なかなかやれなかったことをやります。

たとえば、読みたくて買ったけど、読んでなかった本を開いてみる。やりかけのクラフト(編み物とか)をやってみる。子供とプラバン作りをやってみる。

最近、なぜかプラバンアクセサリー作りが、大人の間ではやっているようです。

プラバンとはプラ板のことです。プラスチックの板に、マーカーで絵を描き、カットし、オーブントースターなどで加熱して、縮ませてアクセサリーや飾りを作ります。

作りすぎるとガラクタになるのでほどほどに。

流行りといえば、大人の塗り絵をしてもいいです。

そのように、アナログな遊びをしてください。ほかには、家族や友達に手紙を書いたり、創作したり、楽器を演奏したり、歌を歌ったり。散歩やハイキングなど外で自然と親しんでもいいです。

もちろん料理や掃除などの家事をしたり、昼寝や早寝をしてもOK。

モニターを半日切るだけで、いきなり時間がゆっくり流れるのを感じることでしょう。特に、夜間、モニターを切ると、ぐっすり眠れるのでおすすめです。

アクション7:シングルタスクをする

マルチタスクをする傾向がある人は、1日だけ、シングルタスクに徹してください。

シングルタスクとは、たった1つのことだけをやることです。

よくよく考えてみると、現代の人は、かなりの頻度でマルチタスキングをしています。

たとえば、パソコンやスマホを見ながら、ランチを食べたりしていませんか?喫茶店で本を読みながら、軽食をとったりしませんか?

おやつを食べながらテレビを見ていませんか?

物を食べるか、本を読む(テレビを見る)かのどちらかにしてください。

パソコンを使用中、やたらブラウザのタブを開くクセのある人は、1つだけにしてみます。

開けたタブにのっているものをじっくり見ます。

テレビを見ながらチャンネルをザッピングするクセがある人は、今日だけ、あらかじめ見る番組を調べ、その番組だけを見るようにします。

ザッピング(zapping)とは、リモコンでやたらとチャンネルを切り替えながら、テレビを見ることです。

家の夫もよくやっています。見たい番組がないなら、テレビを切ればいいのに。ちなみに、テレビばかり見ていると、自分で物事を考えることができなくなるので、見過ぎないほうがいいです。

テレビというのはあくまで受け身で楽しむものです。多くの人がテレビを習慣的に見るのは、何も考えなくてすみ楽だからです。考えるのはけっこう労力がいることですから。
~~~~~~~~
ほかにも、瞑想などをして、リラックするのもいい方法です。暮らしをシンプルにするのはそんなに難しくないし、お金もかかりません。

自分が何をしたいのか、自分の心の中の声に素直に従いさえすれば、単純な喜びを感じることができるのです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. お皿

    ミニマルな日常

    食器の買いすぎ、溜め込みすぎの原因は完璧主義にある。

    食器を買いすぎたり、溜め込みすぎる人は、誰か別の人の「理想の食卓」を追…

  2. spark joy

    ミニマルな日常

    カレン・キングストンの本のエネルギーに突き動かされて物が捨てられた

    『筆子ジャーナル』にいただいたお便りを紹介します。いつもたくさんのメッ…

  3. 衣類の片付け

    ミニマルな日常

    しまい込むとあとが大変。余計な物を増やさない4つの収納ルール。

    収納に頭を悩ませる人が多い現代。上手な収納法を探す前にやるべきことがあ…

  4. ゴミ屋敷

    ミニマルな日常

    実家の片付けが大変すぎて母は病気になりました

    読者の方からのお便りを紹介します。ブログの感想を書いてくださっているメ…

  5. 捨てる女。

    ミニマルな日常

    木枕の使い方やハンドルネームの由来など質問にまとめて回答します。

    『筆子ジャーナル』にいただいた質問4つに、この記事でまとめて回答します…

  6. 心配する人

    ミニマルな日常

    不安や疑いを手放し、再び相手を信頼するためにできること。

    読者の方から相談メールをいただきました。恋人が今どこで何をしているのか…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

518人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 怒っている人
  2. 古新聞
  3. portrait
  4. 忙しいママ
  5. 歩く女
  6. セブンイヤーボールペン
  7. 捨てられない理由を考える人
  8. 読書
  9. たくさん買った女。
  10. 花を手渡す

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 徹夜仕事
  2. 断る人
  3. cabinet
  4. 捨てたことを後悔する人
  5. 考えごとをする女性
  6. 服が多すぎる
  7. 色鉛筆
  8. 花瓶
  9. お片付け
  10. 考える女。

過去記事、たくさんあります♪

  1. 雨を見るウサギ

    ミニマルな日常

    雨の日を楽しく過ごす21の方法。お金はかけません。
  2. 暖かくする

    お金を貯める

    暖房なし。寒い冬に暖かく過ごす5つの方法
  3. Saita(咲いた)2017年10月号

    お知らせ

    雑誌「Saita(咲いた)」2017年10月号に筆子の記事(捨てる技術)が掲載さ…
  4. 魔法使い

    近藤麻理恵(こんまり)

    アメリカで近藤麻理恵(こんまり)の本が大人気~その本当の理由とは?
  5. 買い物好き

    買わない

    買い物大好き主婦から目的買いができる人になる7つのコツ。
PAGE TOP