ゴミ出しする女性

ミニマルな日常

不用品を捨てるとき自分を責めるのをやめたいと思う人へ。

片付けをしていると自分を責めてしまい、なかなかハッピーになれそうにない、という読者の質問に回答します。

まずメールをシェアします。yiさんからいただきました。



片付けでハッピーになる日は遠い

件名:片付けをしながら自分を責める

はじめまして。

筆子さん。いつも参考にさせていただいています。

最近本腰をいれて断捨離をはじめました。物が少なくなるにつれ気持ち良い感覚を覚えましたが、同時に物を捨てる理由が、

こんな自分には必要ないから、こんな自分にこんな高いもの買って本当に馬鹿みたいに、自分みたいな人間にはもったいないから、という理由になっていることに気が付きました。

だから、新しく何かを買ってもこんな自分が買い物しちゃいけなかった、せめて売ろう、等と物をまた手放したりしています。

片付けでハッピーになるには程遠い気がしてしまいます。

筆子さんにお聞きしたくなってご連絡させていただきました。よろしくお願いします。

yiさん、はじめまして。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

断捨離しているとき、自分を責めたり、罪悪感を感じたりすることはよくありますね。

yiさんのお便りには、質問が具体的に書かれていないため、ピンポイントで答えるのが難しいです。

「自分を責めるのをやめるにはどうしたらいいですか?」という質問だと仮定して、6つアドバイスしますね。見当違いだったらまたメールください。





自己評価(セルフイメージ)の見直し

メールにある「こんな自分」「自分みたいな人間」とは、いったいどんな自分や人間なのでしょうか?

ここ、もう少し具体的な言葉にしてください。

その後、その自己評価は妥当かどうか再検討します。

このメールからでは、yiさんがどんなセルフイメージを持っているのか、さっぱり検討がつきません。

いま失業中で、収入がないのに、後先考えず物を買ってしまう、お金にルーズな私、でしょうか?

それとも、主婦のくせに部屋の掃除も満足にできないだらしない私、ですかね。

それとも、太っていて、顔もかわいくないのに、こんなフェミニンなワンピースを買うなんて、どこまでも身のほど知らずな私、ですか?

ご自身が自分のことをどういうふうに思っているのか、じっくり考えて、紙に書いてください。

その後、その文章を読んで、それは本当に正しいのかどうか考えてみます。

セルフイメージなんて、たいていは自分の勝手な思い込みです。

仮に、「部屋の片付けもできないだらしない人間」という評価をしていたとします。

ですが、いまは片付けをしていますし、過去にだって、たまには片付けていたと思います。

「私は、過去も今もこれからも、常に100パーセント片付けができない」という意見は間違っているのです。

汚部屋にお住まいの方の中には、「片付けられない私」という強力なセルフイメージを持っていて、その思い込みを手放さない人がいます。

この場合、いくら片付けをしようと思っても、その一方で、「私は片付けられるはずないんだから」と思い込んでいるため、なかなかうまくいきません。

アクセルとブレーキを両方踏んでいる状態です。

こちらの記事を読んで⇒ポジティブ思考は学習できる。前向きになる4つのポイント教えます。、「決めつけない思考」をし、セルフイメージを書き換えてください。

なんでも自分の責任だと思い込まない

yさんが、なぜ、自分のことを「こんな私」とおとしめているのかわかりませんが、自分がやってしまったことや、いまの自分の状況を、すべて自分の責任だと思うのをやめましょう。

環境のせいでそうなってしまった、ここは仕方がなかった、ということもあります。

そもそも、私たちはみな人間であり、人間は完璧ではありません。しょっちゅう失敗します。

物をたくさん買いすぎてしまったとしても、全面的に自分が悪いわけじゃありません。人間だからそういうことをしてしまった、という部分は絶対あるわけです。

「私は人間にすぎないし、これまでたくさん失敗をした。これからも失敗するかもしれないけれど、でも、チャレンジはしていこう、そしてベストを尽くそう」。こう思うのが現実的な生き方ではないでしょうか?

「なにもかも自分の責任だ」という考えは、「自分さえがんばればどんなことだって可能だ」という考えの裏返しです。

何か目標があり、それに向かってひた走るとき、「自分さえがんばればどうにかなる」という考えは助けになります。

しかし、現実には、自分にできることとできないことがあります。

限界があるわけです。

その限界を認めて受け入れてください。

関連記事⇒悪いのは自分ではない。自分を責めてもしかたがない4つのできごと。

物は物にすぎないと思う

「自分みたいな人間にはもったいない」「こんな自分が買い物しちゃいけなかった」。ここも、どういう状況なのか、もう少し詳しく知りたいところですが、物は物にすぎないので、必要以上に過大評価しないでください。

物は人間の生活を助けたり、豊かにしたりするために開発されたものであり、主体は人間にあります。

そこに人間がいるからこそ、物があるわけで、人間と物を比べたら、人間のほうを重要視すべきです。

人間である自分が必要だと思うから物を買い、状況が変わって必要なくなったら、それを手放す。ごくあたりまえのことです。

資本主義の世の中では、お金や物が、とてもすばらしいもののように、感じられてしまうかもしれません。それこそ、自分の存在より大事なもののように思え、あがめたてまつってしまうかもしれません。

しかし、お金と物に価値を与えるのはそれを使う人間です。

さらに、その物が自分にふさわしいかどうかは、その人の考え方によって変わります。

去年、私は塗り絵グッズをいくつか揃えました。「私は塗り絵がうまいわけじゃないし、ただの暇つぶしだから、こんな高い色鉛筆を買うことはないな。エントリーレベルで充分だ」と考えて、安めの色鉛筆を買いました。

しかし、超初心者なのに、「道具がいいほうがうまく塗り絵できる(これは真実だとは思います)」と、いきなりアーティストクオリティの、高い色鉛筆(しかもフルセット)を買う人もいます。

その人の経済状況を考慮に入れなければ、自分の価値観にそった買い物という意味では、どちらも正解です。

罪悪感を前向きに使う

自分を責める気持ちを押し殺そうとするのではなく、その気持ちを受け入れてください。

物を捨てているとき自分が感じていることに注意をむけて、その気持を自分の生活をよくするために使います。

この点については、こちらの記事にも書いています⇒高かった服を捨てるのはお金を捨てるような罪悪感があり、捨てられません。

いま私は「こんな物を買うべきではなかった」と感じて、つらい気持ちになっている。それなら、今後は、この手のものを安易に買わないようにしていこう、そのためにはどうしたらいいのかな? と行動を修正するのです。

罪悪感を感じて、暗くなってそこで終わりにするのではなく、失敗から学ぶわけです。

下記の記事も参考にしてください。

いやな気分こそ大事にして、自分の感情とうまくつきあう(TED)

セルフ・コントロール(自制心)の秘訣:ジョナサン・ブリッカー(TED)

断捨離に過度の期待をしない

「片付けさえしていれば、どんどん開運して、私は幸せになる」。

これは間違った認識なので、もしそう思っているのなら、考えを改めてください。

確かに不用品を捨てるといろいろいいことがありますが、物を捨てていれば、自動的に幸せになるほど、世の中、単純ではありません。

「シンプルライフにすれば、幸せになる」と思い込んでいると、そうならないとき、違和感を感じて、私に質問メールを送るはめになります。

関連記事⇒断捨離したのに、次々と悪いことが続いて納得できません。

捨てれば、何かが私を幸せにしてくれる、と人まかせにするのではなく、「これからよくしていこう」という自分で動くことが大事ではないでしょうか?

セルフエスティームをあげる努力をする

自信をもち、自己評価をあげる方法をたくさん書いているので読んでいただき、できることから1つずつやってください。

セルフエスティームを高めて自信を取り戻す10の方法

本当の自分に出会う:セルフエスティームをあげるマニュアル(TED)

自分に自信がない?自信を持つことはスキルの1つ(TED)

もっと自分を好きになろう。ラディカル・セルフ・ラブのすすめ(TED)。

セルフコンパッション(自分にやさしくする)の実践で人生を変える(TED)

ほかにもたくさんあり、それぞれの記事から関連記事にリンクしています。

自分の気持ちを文章に書く習慣をつけると、自分の考えていることを観察しやすくなります。

モーニングページを書いてみてはどうでしょうか?⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

*****

不用品を捨てているときは、確かにあまりいい気分はしませんね。

「もったいない」と思うのがふつうだと思います。

けれども、捨てずにそこに置いておくほうが、もっともったいないです。

この記事に書いたように、自分の感情に意識を向けながら捨てていくと、価値観の見直しもできます。よって、筆子的には、やはり、いらいない物は捨てたほうがいい、となります。





大きな戸棚もやもやした気持ちを解消したいなら、最初にやるべきことはこれ。前のページ

私の断捨離生活、うまくいったこと、いかなかったこと。次のページ物がたまっている場所

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. テーブルを拭く

    ミニマルな日常

    掃除を楽しくする10の方法。家事嫌いでも考え方次第でラクになる。

    大掃除や汚部屋の掃除、そして日々の掃除、人生に掃除はつきものです。けれ…

  2. 掃除

    ミニマルな日常

    ミニマルライフを活かして、家事を簡単にする方法

    持たない暮らしを追求したら、家事もどんどん簡単になっていきました。私は…

  3. 花火

    ミニマルな日常

    ようやく奨学金を返済できてスッキリ:2018年の振り返りその3

    2018年を振り返る、最終日です。今回も4人の読者の方のメールを紹介し…

  4. 招き猫

    ミニマルな日常

    実例あり:今の生活の中で、もっと思い出の品を楽しむ5つのヒント

    「思い出の品」の断捨離シリーズ3回めです。先週は、どうやったら思い出の…

  5. 悩む人

    ミニマルな日常

    訪問介護に行く家がゴミ屋敷で困っています←質問の回答

    他人の物が関係する片付けに関するご相談2通に回答します。1通目…

  6. 母の日のバラ

    ミニマルな日常

    センスのいい人なら知っているインテリア小物(飾り物)をガラクタにしない10のルール

    インテリア雑誌を見ると、おしゃれな雑貨がとてもセンスよく飾ってあります…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,150人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ソファでノートパソコンをする女性
  2. 祈る人
  3. 痛みを感じている人
  4. 服がいっぱいの洋服ダンス
  5. 服のショッピング
  6. お皿を洗う女性
  7. 古い服を捨てる
  8. 口紅を塗る女性
  9. 10万円
  10. ジーンズ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 鏡を見る少女
  2. 窓際に座る女性
  3. テレビ
  4. 眠り
  5. クッキー作り
  6. 本
  7. 窓ぎわ
  8. 書いている人
  9. 黒いショルダーバッグを持つ人
  10. ハンバーガー

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP