ぬいぐるみ

断捨離テクニック

その品物の本当の価値を考えてみると、捨てにくい物でも捨てられる。

片付け中に、今後もたぶん使わないけど、捨てるのもったいないなあ、という気持ちになり、なかなか捨てられない物がたくさんある。

そんな人は、その品物の本当の価値について考えてみると、踏ん切りがつきやすいです。

価値の見極め方を3つ紹介しますね。

まず、「もったいない」と思う物をなぜ捨てるべきなのか、簡単に説明します。



ガラクタに見えなくても捨てるべき理由

ゴミみたいな物はすぐに捨てられるけれど、見た目が美しかったり、新品同様だったり、値段が高かった物はなかなか捨てられない。

そもそも、ガラクタに見えない。そんな人はたくさんいます。

ですが、自分の部屋をじっくり見て下さい。

汚部屋で邪魔になっている物は、このような「一見ガラクタには見えない物」ではないでしょうか?

1つひとつを見てみると、「まだまだ使えそうな素敵な物」です。しかし、実際は、使っておらず、棚の中に突っ込んだり、テーブルの上に放置したり、部屋の片隅に山積みにしたりしています。

整理整頓が得意な人は、カテゴリーごとにどこかに、きれいに収納しているかもしれません。

そのため、生活しにくくなっています。

こうした品を手放さない限り、スッキリとした部屋にはなりません。

物は場所を取りますから。

物理的に場所を取るのはもちろんのこと、頭の中でもスペースを取ります。

手放してしまえば、その物に関するあらゆる考え事から解放されます。





市場価値を調べてみる

「売れば高く売れる」。こう思って、ガラクタを手放せないときは、その品物の市場価値を調べてください。

メルカリなどフリマのサイトを見て、似た商品がいくらぐらいで出品されているか/売れているかチェックすればわかります。

実際に出品してみてもいいでしょう。

5年前に3万円で買った洋服が、今も3万円の価値を持っていることはまれです。

日本人は、「新品であること」にこだわる傾向がありますから。

お金を貯めたいなら今すぐ捨てたい、日本人ならではの3つの習慣。

逆に、思った以上にいい値段で取引されているのを発見するかもしれません。

そんなときは、すぐ出品して、お金に変えてしまえば、「メルカリで売れば私のお小遣いになるから」と言い訳しながら、不用品をずっと持ち続ける中途半端な状況に終止符を打つことができます。

自分にとっての価値は何か

その品物の本当の価値は、市場価値ではなくて、自分にとっての価値です。

価格と価値の違いを知れば、余計な物も浪費も減る。

たとえば、私はゲームには全く興味がないから、誰かに、「マクドナルドのフライドポテトの無料引換券を1枚つけるから、このプレイステーション、もらってくれない?」と言われたら、しっかり断ります。

使わないゲーム機を持っていたって邪魔になるだけだし、マクドナルドにも行かないから、ポテトのクーポン券もいりません。

食べ物に替えることができる金券っぽい紙切れは、さすがの私もいきなり破って捨てたりはしません。

「これ、娘にあげようかな~」などと、余計な考えごとをすると思います。

今、あなたの部屋にある「いつか使えるかもしれない物」や「まだ新品同様の物」も、本質的には、このプレイステーションと同じです。

今の自分にはもう価値がない物です。

今日誰かに、「これ、あげるよ」と言われたら、断るはずです。

ただ、プレイステーションほど、はっきりと、「価値がないこと」が見えていないだけです。

価値を調べる

こう言われても、納得できないときは、その品物がどんな価値を提供しているか、リストアップするといいでしょう。

・押入れの中の埋め草として、豊かな雰囲気をかもしだしてくれている?

・昔、お金があったことを思い出させて、うれしい気分にしてくれる?

・見ると懐かしい気分になる宝物?

・自分のモノ選びのセンスのよさを表しているから、持っているだけで満たされる?

こんなふうに、その品物の価値を書いたあと、今後もそれを所有するコストと見比べてみると、「この程度の価値では、持つのに値しないな。もう捨てよう」と、納得して、処分できると思います。

いらない物を持ち続けるコストがわからない人は、こんな記事を読んでみてください⇒もったいないから捨てない。この決断のせいであなたが失っているたくさんのもの。

なくしてみる

目に見える物も見えないものも、それを失ったとき、価値がわかります。

そこで、価値があるのかないのかわからない物を、いったんなくしてみましょう。

方法は2つあります。

1)ないものと考える

「これがないと私の生活はどうなるだろう?」と、それがなくなったときのことを想像してみてください。

なくしたその途端、不便でどうしようもなくなるでしょうか? 1週間ぐらいならがまんできるけど、2週間ぐらいたつと、もうどうにもがまんできず、店で新しい物を買ってくるでしょうか?

とんでもなく、生活の質が落ちるでしょうか? それとも、逆にラクになるでしょうか?

私のことを言えば、不用品だと思った物を捨てたとたん、とてつもなく不便になったことは一度もありません。

当然ですよね?

不用品だったのですから。

そもそも、捨ててしまうと、その物のことは忘れてしまいます。

このブログに、「もっと早く捨てればよかった物」のことを書いていますが、私は、何をどんなふうに捨てたか、ずっとブログに書いていたから、覚えているだけです。

記録を残していなかったら、捨ててしばらくしたら、忘れてしまっていたと思います。

2)物理的になくしてみる

いつも置いてある場所から、それを取り去って、それなしで生活してみてください。

映画「365日のシンプルライフ」の主人公のように⇒映画『365日のシンプルライフ』の感想:「物を捨てる」映画ではなく、大切な物を選ぶ話、所持品をすべて外部倉庫にあずけてしまい、必要になったら取りに行けば、要不要がはっきりします。

しかし、そのために、わざわざ倉庫代を払うのも嫌でしょうから、全部箱詰めにして、物置きのはしっこにでも入れておくといいでしょう。

箱には、箱詰めにした日付と、中身(「価値があるかどうかわからない物」とか)を書いておいてください。

箱詰めにして、ふだんあまり目にしないところに置いてしまうと、ほどなく中身のことは忘れます。1年たったら、「やはり価値がなかったか」と納得して、手放すことができるでしょう。

クローゼットや食器棚から、「価値があるのかどうかわからない物」を間引きすると、とても暮らしやすくなります。

そこに残るのは、ふだん使っている物ばかりでしょうから。

自分なりの価値をさぐる

品物の本当の価値は、自分にとっての価値なので、その測り方はいろいろあると思います。

私にとって、それを実際に使っているか、使っていないかは、価値のあるなしに多いに関係があります。

毎日のように使っている物はとても価値のある物。1年に1度でも使う物も、まあ価値がある物。

購入価格が高い物でも、ここ数年使っていない物は、価値のない物、というように。

あなたはこの考え方に同意できないかもしれません。

それでも、部屋の中に置かれたまま、ほとんど動きのない物が、どんな価値を持っているか考えてみることは、物を手放す行為を後押ししてくれるはずです。

常に、自分にとって(家族にとって)価値があるのかどうか考えてください。

自分ではなく、母親にとって価値のある物とか、もうそこに住んでいない人にとって有用な物を、「自分の大事な物」と勘違いしないように。

関連記事もどうぞ

捨てるものがわからない時に使ってほしい、物の価値を見極める10の質問リスト。

使うめどがあるかどうか、それが捨てるものを見極めるコツ:ミニマリストへの道(73)

今日捨てたい、ガラクタに見えないガラクタ3つ。

手放して前に進む:野望ガラクタを手放したら、生活がいい方に変わった。

本当に必要なものや価値あるものの選び方。

不用品を捨てるのが苦手な人にすすめる、全体像を見る練習。

****

それぞれの物がもたらしている価値を考えてみると、捨てにくい物も捨てやすくなる話をしました。

所持品を100%、使っている物だけにするのは難しいものです。

小さい子供がいれば、家の中をいついかなる時も、スッキリさせようとするのは現実的ではありません。

不用品をきれいさっぱり捨てる必要はありません。

しかし、場所と頭のスペースをとっている物は、できるだけ取り除いたほうが、暮らしやすくなります。





ノートに書く人さっぱりとした1日を過ごす秘訣はモーニングページにあり。前のページ

不用品の1000個捨てをしているとき、捨てにくかった物と、捨てたあとのこと。次のページ不用品

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  3. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。

関連記事

  1. ラップトップ

    断捨離テクニック

    情報を遮断すると持たない暮しが実現してしまう理由とは?

    持たない暮しをめざすなら、情報をできるだけ遮断することが不可欠です。そ…

  2. パソコンしながらラーメンを食べる人。

    断捨離テクニック

    情報の断捨離のススメ。頭の中も片付けないと、何もできないまま人生が終わる。

    脳内に余計な情報をたくさん溜め込むと、どれが大事なのかわからず、活用で…

  3. カメラ

    断捨離テクニック

    写真を断捨離するシンプルな方法:質問にお答えしました

    「古過ぎる写真の整理について」という問い合わせをいただきました。今回は…

  4. アンチ断捨離

    断捨離テクニック

    断捨離は悪か?捨て方や片付け方は人それぞれ、マイペースがうまく行くコツ

    読者の方から断捨離についてメールををいただいたのでご紹介します。…

  5. なんだか不調

    断捨離テクニック

    必要なものといらないものがわからない時の4つの判断の仕方。

    シンプルライフを目指しているらしい40歳の主婦の方からの質問にお答えし…

  6. 服がいっぱいのクローゼット

    断捨離テクニック

    年末こそ断捨離に決着を。私が物を捨てられた4つの判断基準とは?

    「もったいない」「捨てられない」そんな気持ちを乗り越えるために、物を捨…

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,467人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 下駄箱
  2. サブスクを利用する女性
  3. カメラ
  4. 寝ている人
  5. 読書
  6. 履き古した上履き
  7. 湖にたたずむ女性
  8. 宅配便
  9. 海を見ている女性
  10. 春の野菜

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 服がいっぱいのクローゼット
  2. だらだらネットをする人
  3. 勇気のある女の子
  4. セール品を奪いあう女性。
  5. 計画を書く人
  6. お金の計算中
  7. ハンガーを持つ手
  8. 和風の家
  9. 夏風邪をひいた人。
  10. 実家にある大量の傘

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP