やる気のある女性

ミニマルな日常

最近、無気力ですか? 不用品を捨てる気力がない人におすすめの楽しい片付け。

このところ暑いから、片付けのほうも中だるみで、せっかくきれいになった部屋も、なんとなく、散らかってきた。

こういうこと、よくあります。

それから、新型コロナウィルスの問題に振り回されて、そのせいで気持ちが落ち込んで、仕事や家事をする気になれない、という人もいます。

そんなとき、自分が楽しいと思える片付けプロジェクトに取り組むと、またやる気が復活しますよ。

詳しく説明しますね。



楽しさとつらさのチェック

まず、自分がやっている片付けが楽しいのかつらいのか、考えてください。

片付けるつらさのほうが、喜びより大きいとやる気がなくなります。

毎日、不用品を捨てることが習慣になっていたり、私のように、できるだけ物は持たない生活がデフォルトになっていたりすれば、楽しいとかつらいとかは関係なく、いらないものが出たら、ごく自然に捨てます。

一方、これまでずっと物をためこむ生活をしていたのだけど、最近シンプルライフに興味がわいて、物を減らし始めたところです、とか、

老後の生活に向けて、少し物を減らしたほうがよさそうな気がするから、1000個捨てを始めた、という人もたくさんいます。

1000個捨てとは? ⇒ 持たない暮らしに近づく1000個捨てチャレンジの楽しみ方。

理由は何であれ、「努力して」不用品を捨てている人にとっては片付けが楽しいときもあれば、つらいときもあるでしょう。

あなたは、片付けに楽しさを感じていますか?

楽しいと思えることを増やすために、自分の気持ちを調べてください。





片付けの楽しいところ

・日に日に暮らしやすくなって楽になった

・見た目がスッキリして気持ちがいい

・自分との約束(毎日1個捨てるとか)を果たしていることがうれしい

・ずっと捨てたいと思っていたものを捨てて、ほっとした(呪縛からの解放)

・無駄なものにお金と時間を使わなくてすんでうれしい

・探しものしなくてすむようになった

・時間に余裕ができて、趣味を楽しめるようになった

片付けのつらいところ

・まだ使えるものを手放すのは心が痛む⇒心が痛むから捨てられない~服を捨てない理由とその対策(その3)

・忙しいスケジュールに片付けを入れているから肉体的につらい(片付けなんかするより、ソファで横になってテレビを見たい)

・「いる・いらない」がさっと決められなくて、迷いすぎて、頭が疲れる⇒あれこれ迷う時間を減らして、シンプルライフをめざすススメ。

・捨てても捨てても部屋がきれいにならないから、徒労感ばかりつのる

ほかに、何かつらいことがありますかね? 

私は、不用品は捨てることを肯定しているから、片付けのつらいポイントを、なかなか思いつきませんが、「やる気になれない」と思っている人は、「つらいポイント」がたくさんあるはずです。

自分で試行錯誤する

楽しいポイントとつらいポイントを洗い出したら、楽しい部分が増えるように、片付けプロジェクトを調整します。

このとき大事なのは、自分で試行錯誤することです。

どんな片付けに取り組むか、自分であれこれ考えると、必ず、今より楽しくなります。

つらさがつのってしまうのは、「(自分はべつにやりたくないけど)やらされている」という気分になっているからです。

自分から積極的に動けば、「やらされている」から、「好きでやっている」に変わります。

関連記事⇒何でも変えられる。意志のちからより、スキルを使おう(TED)

つらさを楽しみに変える

「好きでやっている」に変えるために、今すぐ、何の準備も道具も使わずにできることは、考え方を変えることです。

楽しい、つらいというのは、見方を変えると簡単に逆転することがあります。

肉体的につらいのは、逆転しないと思いますが。

おすすめの考え方:

たっぷりあるマインド⇒「足りている」「充分」と思うと、本当に心身・経済ともに豊かになれるのか?←質問の回答。

成長マインド⇒自分の能力を自分で見限ることの恐ろしさ、できると信じることの素晴らしさ(TED)

プロセスに目をむける⇒なぜ、結果より、行動(プロセス)にフォーカスしたほうがいいのか?

「なんかつらいなあ」と思っているとき、悪いことにばかり目を向けていることがあるので、バランスよく客観的に見ているか調べてください。

次に、楽しいと思えるプロジェクトの例を3つ提案します。

性格に合っている片付け

人それぞれ性格が違うので、自分の性に合っているやり方を試してください。

たとえば、絵を描くことが好きな人は、手持ちの衣類の絵を全部カードに描いて、ワードローブを管理するとか。

ワードローブを管理するメリット⇒ミニマリストの服全14着公開~非おしゃれ系50代主婦の場合(写真あり)

私は「そんなめんどくさいこと、絶対ごめんだ」と思います。

しかし、私がそう思うのと同じぐらいの強い気持ちで、絵に描いて整理することが楽しめる人がいるはずです。

ここ数年はやっているブレットジャーナル(日本ではバレットジャーナルと呼ぶようです)でも、カラフルなペンやシールを使って、絵も描いて、かわいく仕上げる人はたくさんいます。

気持ちの整理をするために、紙に書き出そう:ライダー・キャロル(TED)

全部絵に描いてしまえば、「着ないけど、持っているだけでうれしい服」を、ごく自然に手放せるかもしれません。

to-doリストを書いて、タスクが終わったあとチェックを入れるのがすごく達成感がある、大好きだ、快感だ、という人は、捨てたいものや片づけたい場所を、全部リストに書いて、終わったら、チェックを入れていけばいいですね。

自分が好きな作業を考えて、その作業を、片付けプロジェクトに組み込めば、もっと楽しくなります。

簡単だけど大きな結果が出る片付け

ちょっとやれば、すぐに驚くような結果が出るプロジェクトを考えてください。

『最小限の努力で、最大限の結果(インパクト)』を狙います。

80対20の法則(パレートの法則)を適用すると、たいていそうなります。

80対20の法則を知らない人は、こちらの記事をどうぞ⇒これで簡単に捨てられる、洋服を捨てる7つのルール~あなたの服の8割はいらない服です

自分の部屋を汚くしている、問題のがんとなっているものや場所を5つぐらい見つけます。

その中で、もっとも簡単に捨てることができるものを始末します。

「キッチンがごちゃごちゃになっている理由は、水切りカゴだ」と思ったら、水切りカゴを捨てればいいのです。すぐに捨てられます。

水切りカゴは使わない、三角コーナーと洗い桶もなくても大丈夫

「カウンターの上にものがいっぱいのっているから、ごちゃごちゃに見えるんだ」と思ったら、カウンターの上をきれいにします。

カウンターの上を片付けるのは、べつに難しくありません。細々としたものがのっているだけだし、中には、今すぐ食べれば、クリアできるものもあるでしょう。

汚部屋のがんがわからないときは、写真を撮って見てみると、浮かび上がってきますよ。

ゴールに直結する片付け

きのう、目的設定の重要性を語るプレゼンを紹介しましたが⇒成功の秘訣は正しいゴール設定にある(TED)

何をやるにも、「なぜ、私はこれをやるのか?」という理由や、目的がはっきりしているほうが、継続できます。

最初はみな、それぞれ理由があって、不用品を捨て始めるのですが、やっているうちに、「何のためにやっているのか」を忘れてしまうことがあります。

これを忘れると、簡単に挫折します。

部屋を片付ける一番の理由を再確認して、そのゴールに直結する片付けプロジェクトをしてください。

たとえば、「もっと時間が欲しいから」という理由で、シンプルライフをめざしているのなら、明らかに時間を奪っているもの、しかも、無意味に奪っているものを捨ててしまえばいいのです。

物理的な物はどんなものも、管理する手間や意識を奪いますが、とりわけ時間を奪うものがあります。

洋服や食器など、毎日使うものは、時間を取られますよね?

こうしたものがたくさんあると

・きょうはどれを使うか迷う時間

・メンテナンスする時間(洗ったり、乾かしたり、きれいに並べ直したり)

・散らかったあと片付ける時間

この3つに自分の時間を使うことになります。

食器や服が少ないと、使うものにいちいち迷わないし、きれいに並べ直す必要もありません。

どんどん回転させるから、「洗う⇒使う」のサイクルが速いので、散らかりません。勝手に片付きます。

このように、自分のゴールに直結する片付けプロジェクトを見つけて、取り組めば、満足のいく結果が早く得られるので、またやる気になるでしょう。

やる気がなくなったら読むといい記事

どれだけやっても片付かないから、やる気が続かない人へ。

近頃、中だるみでやる気が出ない。そんな時、片付ける生活に復活するには?

スムーズに片付けを再開する4つのポイント。中だるみから復帰したい人用。

断捨離が中だるみ中で、ちっとも片付かない人が再スタートする4つの方法(前編)

不用品を捨てるモチベーションをあげたい人へ:読者のオススメ第4位

疲れない断捨離をすれば、掃除や片付けのモチベーションをキープできる。

やる気に関するなぞ:ダン・ピンク(TED)

*******

やる気を喪失したときの立ち直り方として、楽しい片付けプロジェクトをすることをおすすめしました。

新型コロナウィルスのせいで、無気力になっているとき人には、「もう元には戻らない」とあきらめることをおすすめします。

「新しいフェーズに入った」と思ってください。

失ったものを数えるのではなく、新しく手に入ったものに目を向けるといいですよ。





ゴールを書いている人成功の秘訣は正しいゴール設定にある(TED)前のページ

忙しいわりに肝心のことができない4つの理由とその対策。次のページ忙しそうな人

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. お金と通帳

    ミニマルな日常

    すっからかんになるまで減らしたら、かえって豊かになった話。

    読者のお便りを紹介します。今回は、10月にいただいたメールから、記事の…

  2. 電話で話す人

    ミニマルな日常

    自慢話ばかりする自分を変える4つの方法。

    何かにつけて自慢してしまい、あとで嫌な気分になります。この負のループか…

  3. アルバム

    ミニマルな日常

    祖母の思い出のアルバムが見つからない。ない物に執着する気持ちを手放すには?

    亡くなった祖母の思い出の写真が見つからず、そのアルバムのことばかり考え…

  4. 空と海

    ミニマルな日常

    私がいらない物を捨てたい理由、シンプルで豊かな暮らしを求めて。

    筆子ジャーナル、読者のお便りコーナーです。今回は2016年の11月の終…

  5. 仕事にとりかかれない人。

    ミニマルな日常

    幸せそうな人を見ると落ち込むあなたへ。他人と比べるのをやめる7つの方法。

    ついつい人と自分を比べて落ち込んでしまいます。いつも何かが足りなくて満…

  6. 新年の抱負

    ミニマルな日常

    今年1年がとても楽しみになる! 私の新年の目標(後編)。

    読者の今年1年の目標の紹介、後編です。お2人の方のゴールと私のもう1つ…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,332人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 会話をしている若い女性
  2. ユーテンシル
  3. 疲れた女性
  4. スノードーム
  5. 片付けている人
  6. スマホを使う人
  7. 罪悪感を感じている人
  8. 流れ作業
  9. いらない靴
  10. 混乱する人

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 不満がちな女性
  2. 居心地悪い人
  3. 自転車と少女
  4. 車の運転
  5. 鼻呼吸
  6. 母と子
  7. 抜歯
  8. 計画を立てる人
  9. プルメリア
  10. クローゼット

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP