春の野菜

ミニマム思考

たっぷりあるマインドになるおすすめの練習法6つ~もう十分ある、と考える。

この世界にはいろいろなものが十分すぎるほどあるんだ、と考える「たっぷりあるマインド」をもつと、身軽に暮らすことができます。

今の世の中は、どちらかというと、この逆の「足りないマインド」で動いています。

足りないから、競争してそれを手に入れなきゃいけない、勝たなきゃ幸せになれない、という考え方です。特に、お金や家、物資を手に入れたいとやっきになっている人が多いですね。

学歴が欲しいのも、お金や安定した未来(?)が欲しいからではないでしょうか。

ロシアがウクライナに侵攻したのも、今のままじゃ、ロシアはいろいろ足りていないから、ウクライナを手に入れなきゃだめだ、と思ったからでしょう。

この考え方でいると、ものもストレスも増えるので、シンプルライフから遠のきます。

本当に、スッキリ暮したいなら、たっぷりあるマインドに変換するのが近道です。

次の方法をお試しください。



1.自分で意識して変える(要努力)

何もしないと、足りないマインドになってしまうので、何かあるたびに、意識してたっぷりあるマインドに変えます。

人間の脳はサバイバルすることを、第一に考えているから、本能的に足りないマインドになります。

悲観的に考えてしまうのです⇒人はネガティブ思考を引きずるようにできている話と、そこから抜け出す方法(TED)

貯金がそこそこあっても、なかなか大丈夫とは思えません。

いっぱい服を持っているのに、足りないからまだ欲しい、買いたい、と思います。

一瞬、足りないマインドに陥ってしまうのは普通のことです。そのあと、自分で、たっぷりある方に、マインドセットを変える作業をしてください。

黙って流れに身を任せていても、たっぷりあるマインドには変わりません。特に最初のうちは、努力が必要です。

重度の足りないマインド人間が周りにいるときは、より努力を要します。





2.たっぷりあるマインドの良さを考えて紙に書く

人間は自分にとってメリットが感じられることしか行動しないので、たっぷりあるマインドのメリットを確認し、これがすばらしい考え方であることに心底納得してください。

たっぷりあるマインドのメリットは過去記事に書いています。

「足りている」「充分」と思うと、本当に心身・経済ともに豊かになれるのか?←質問の回答。

足りないもの探しをやめればそれだけで豊かになる。

たっぷりあるマインドは、可能性を見ますが、足りないマインドは限界を見ます。

自分や自分の生活はすでにかなりいいのだが、さらにいい方に変わることができる←可能性

自分も自分の生活はこれ以上よくならない。むしろどんどん悪くなる。だって他の人が、いろいろと取ってしまった(取りつつある)から。←限界

どちらを見たら、幸せに生きられるかは、一目瞭然です。

たっぷりあるマインドでいると、未来のことをむやみに恐れなくなるので、必死になってあれこれ物をかかえこむこともなくなります。

他にも、たっぷりあるマインドにはいいところがたくさんあります。この考え方が、自分の生活や人生にどんな恩恵をもたらすか、自分で考えて、紙に書き出し、読んでください。

1回書くだけでなく、あとになって気づいたことがあったら追加し、また読みます。何度も読みます。

私は足りないマインドとたっぷりあるマインドのことを、記事に何度か書いていますが、1回だけで終わりにしていないので、私のたっぷりあるマインドは、どんどん強化されました。

今でも、「あ~、しまった、損した!」と思うことはあります。

ですが、そのあとすぐに、「あ、足りないマインドになってたじゃん」と気づけるようになりました。

べつにブログを書く必要はありませんが、ノート(デジタルでもOK)に書き出すことは効果があるのでおすすめです。

なんとなく頭の中で考えているだけでは、ぼんやりしたメリットしか思いつきませんが、実際に紙に書いてみると、「ああ、こんなところもいいよね、あんなところもいいじゃないの」、としっかりわかります。

3.毎日3つ感謝する

6年ぐらい前でしょうか。毎日、モーニングページに感謝できることを3つ書いていました。

このプレゼンの影響です⇒成功すると幸せになるのではなく、幸せだから成功する~ショーン・エイカー(TED)

ふだん、感謝することが少ない人は、無理にでも、感謝できることを毎日3つ出してください。

まあ、そんなに無理しなくても、感謝できることは、あなたの身の回りにごろごろしているでしょう。

そちらに目を向けるクセをつけると、たっぷりある方に目を向けるようになります。

日記や家計簿の備考欄に書いたり、家族に話したりしてもいいです。

一定期間、3つ感謝を見つける練習を毎日続けてください。

すでに持っているものに満足する練習:感謝できるようになる方法(その2)

4.ほめられたら素直に喜ぶ

日本には、謙譲の美徳(自分はへりくだって相手を立てること)があるので、謙遜する人がたくさんいます。

最近の日本のことはわかりませんが、私が日本にいた、平成10年ぐらいまではありました。

誰かにほめられると、「いえいえ、私なんてまだまだです」と自分を下げて、返答するわけです。

「私なんてまだまだ」というのは、要するに、「私はまだ足りません」と言っているわけですから、こういう返答はなるべくしないでください。

ほめられたら、素直に、「ありがとうございます」と返します。そのほうが、言われたほうもいい感じがするのではないでしょうか?

謙遜する言葉はほかにもあります。

「これ、つまらないものですけど、どうぞ」「粗茶ですけど」「お目汚しですけど」「不調法で~」など。

贈り物を渡すときは、「これ、心ばかりのものですけど」と言うか、「これ、社員旅行で買ってきたお菓子です」と具体的に言えばいいでしょう。

お茶もそうです。単に、「お茶をどうぞ」ですみますし、もし何か付け加えたいなら、「実家から送ってきたお茶です」とか、「私がいつも飲んでいるお茶です」などと、本当のことを言えばいいのです。

さらに、何もやっていないうちから、自分の行動や存在をわびないでください。

単に口癖になっているだけで、「不調法で~」と言ったからといって、「私はダメ人間」というメッセージを自分に送ってはいないかもしれません。

ですが、こういう言葉を使っていると、たっぷりあるマインドから離れていきます。

とりあえず、ほめられたら、「ありがとう」と返すことを徹底してください。

私も昔は、ほめられたら、「いえいえ、私なんか~」という流れの返答をしていました。持っている物をほめられたら、「安物だよ~(これは本当だけど)」などと言ってましたが、今は、そういう返答の仕方は極力しないようにし、まず、「ありがとう」から始めています。

5.あるものに目を向ける

胸にしみがついているので、もう外に着ていかない服だけど、部屋着にできるから捨てない。

こういう服をいっぱい持っている人は、一度、持っている服としっかり向き合ってください。

そんなふうにして集めた部屋着がいったい何着あることか?

すでに持っているものやあるものに目を向けると、バッグ、靴、食器、タッパー、化粧品、本、CD、おもちゃ、文房具、洗剤、タオル、どれもずいぶんたくさんあることに気がつきます。

買い物ばかりしている人は、すでに持っているものに、目を向けていません。

何かを買う前に、必ず、手持ちのものと対面するクセをつください。

関連⇒足りないマインドを手放す:本気で服の買いすぎをやめたいあなたがすべきこと(その4)

6.変な我慢をしない

嫌なことや自分らしくないことを無理してやるのはできるだけ避けてください。

意に染まないことを無理してやるのは、本来の自分を否定する行動であり、もともと自分がもっているものを見ること、つまり、あるものに目を向けることを妨げてしまいます。

すでにもっているものは、素直にそのまま受け入れましょう。

すると、人と自分を比べたり、人まねをしたりしなくなります。

たとえば、あなたがミニマリストになりたいと思っていたとします。ミニマルライフをめざして、洋服や本、食器など、ばんばん捨てました。

でも、どうしても捨てたくないものがあります。

趣味で集めている、フクロウのグッズです。ぬいぐるみ、置物、キーホルダー、いろいろなものにフクロウがついています。

このとき、無理にフクロウグッズを捨てることはありません。

それは、フクロウグッズを大好きな自分を否定する行動だから。

本来の自分を受け入れないと、自分と全然違うものに飛びついてしまうことがあります。

無理やり、フクロウグッズを捨てて、インスタグラムで見た、自分とは違う、あかの他人の「何もない部屋」みたいにしようとがんばってしまうのです。

ですが、このやり方は、足りないマインドを強化します。

「フクロウグッズを集めている私は、ミニマリストとしては不十分なので、捨てて、あの人みたいな部屋にしなきゃ!」と思うわけですから。

自分のよくないところを変えていかないと成長はありませんが、自分の持ち味みたいなものを全否定する必要はないです。

そんなことをすると、がまんしてミニマルに暮らすことになるので、せっかくミニマリストになっても、違和感が伴います。

たっぷりあるマインド・関連記事

たりないマインドやたっぷりあるマインドについて書いた過去記事です。

こんな考え方が貧乏を引き寄せる。お金がたまらない恐怖のマインドとは?

貧乏人の「足りないマインド」から金持ちの「たっぷりあるマインド」へ変換する方法。

なぜ私ばかりが(怒)、と思う人は『足りないマインド』を『たっぷりあるマインド』に変えればよい。

自分軸で生きる方法(前編)~足りないマインドになりがちなあなたへ。

私たちが持っているいろいろなリソース~たっぷりあるから、そんなに買わなくても大丈夫。

幸せになりたいなら感謝しよう(TED)

****

たっぷりあるマインドになる練習を6つ紹介しました。

全部一度にやらなくてもいいですよ。

まずは、自分が足りないマインドをベースにして生きていないか考えてください。

少しでもたっぷりあるマインドに変えることができれば、状況は何も変わらないのに、幸福度があがります。





若い女性自分には何1つ悪いところがないとしたら?(TED)前のページ

5月は旅行に関係のあるガラクタを捨てよう~今すぐ見直したい7つのもの。次のページ海を見ている女性

ピックアップ記事

  1. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  3. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  4. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  5. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。

関連記事

  1. 窓際の花瓶

    ミニマム思考

    ミニマリストになってから、どんなふうに考え方が変わったか?

    ミニマルライフのおかげで、手に入れることができるマインドセットを5つ紹…

  2. フリマ

    ミニマム思考

    なぜ、結果より、行動(プロセス)にフォーカスしたほうがいいのか?

    何かなしとげたいと思うとき、結果よりも、プロセス、つまり目標に至るまで…

  3. 罪悪感を感じている人

    ミニマム思考

    必要以上に罪悪感を感じるのをやめる方法。

    自分が悪くないときまで罪悪感を感じてしまい困っています。どうしたら、必…

  4. 自己主張する人。

    ミニマム思考

    欲しくないときは「いりません」と言え。もっと自己主張する3つの方法。

    家の中にどうでもいい不用品がたまってしまう大きな理由の1つは、別にほし…

  5. never give up

    ミニマム思考

    一度決めたことを継続する6つの方法。あきらめないマインドセットを持て

    一度やろうと思ったことをそんなに簡単にあきらめないで継続する方法を6つ…

  6. 小さな女の子

    ミニマム思考

    幸せになりたいなら捨てたほうがいい4つのゴミのような思考。

    相変わらず、心が折れぎみの読者からのメールが多いです。そこで、今回は、…

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,589人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 公園で読書する人
  2. 洋服のチェック
  3. 頭が混乱している若い女性
  4. 記念写真の撮影
  5. 返品するつもりの女性
  6. 古い物
  7. 海辺で後悔している人
  8. 鏡を見て落ち込む若い女性
  9. リラックスタイム
  10. 『8割捨てれば、お金が貯まる』表紙。

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ホーローのカップ
  2. 裸足
  3. スマホを見ている人
  4. 汚部屋につかれた女
  5. 色鉛筆
  6. 恐怖を感じている女。
  7. 宝塚の銅像
  8. 寝ている女性
  9. メールチェック
  10. ムーミンママの切手

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP