窓際に座る女性

断捨離テクニック

不用品を寄付できない時でもできる7つの断捨離(ステイホーム中の片付け)。

現在、多くの人が、ソーシャルディスタンスを取るため、家で隔離生活をしています。

どこにもいけないそんな時は、家の中を片付ける絶好のチャンスですが、あいにく、寄付センターも閉まっています。

ガレージセールも禁止だし(私の住んでいるところは)、個人的に売り買いするのも、ためらわれます。

できるだけ、人に会わないようにするべきですから。

そんなとき、何をどうして断捨離したらいいのでしょうか?

私がやっている7つの片付け法をお伝えします。



1.取り除けておく

不要品が出たら、大きなビニール袋(透明の袋だと中身がわかるのでよい)に入れておき、「グッドウイル行き」とか、「フリマで売るもの」とはっきり、くっきり書いたラベルを貼り、物入れ場に入れておきます。

ラベルには日付も書いておくといいでしょう。

私は、本を数冊袋に入れて、我が家に唯一ある、ストーレージに入れてます。

あとで寄付するもの

ここは、夫のガラクタでいっぱいです。この写真を取るため、久しぶりに、物入れ場に行ったら、なんと夫がミルクジャグに水をためていました。

予備の水

なぜ?

水がなくなると思っているのでしょうか?

このように、いったん家のどこかに置いておき、制限が解除さ、寄付センターがあいたら持ち込みます。

ただし、いきなりどどどっと持っていくと、寄付センターの人が困るから、数ヶ月は様子を見て、平常運転になったころに持っていくといいでしょう。





2.デジタルなガラクタを捨てる

3月21日だったと思いますが、寄付センター(グッドウイルやヴァリュービレッジ)が閉まってからは、私は、デジタルなものを捨てるほうにシフトしました。

デジタルなガラクタの例:

Eメール
写真
もう使わないドキュメント
もう使わないソフト、アプリ、プログラム
音楽
映像、動画
ブックマーク(お気に入り)
クッキーやキャッシュ(テンポラリーインターネットファイル)
古いパスワード
古いコンタクト
古いアカウント
よけいな通知機能

詳しくは⇒月に1度は、ためこんでいるデジタルなゴミを捨てよう。

いま私が集中的に捨てているのは画像です。Googleドライブに入っている画像を見直して、ばさばさ削除しています。

3.パントリーチャレンジ

買い物に行く頻度を落とすべきなので、パントリーチャレンジをするチャンスです。

もともと、私は、そんなにパントリーに食べ物をストックしていませんが、母に送ってもらった豆などを意識して食べています。

冷蔵庫、冷凍庫に食べ物がいっぱいある人は、新たに買うのではなく、すでにある物から食べていくと、ストックが適正量になるでしょう。

きびしい外出制限が出ているフランスでは、自宅でパンやお菓子を作る人が増えて、小麦粉が品薄だそうです。

アメリカでも、場所によってはバターやイーストが品薄。

バルクバーンバルクバーンでアルバイトしている娘によると、イーストは、このへんでも不足しており、しょっちゅう、客に、「イースト、ありますか?」と聞かれるそうです。

みな、ベーカリーやお菓子屋、カフェに行けないし、手持ち無沙汰で時間はあるから、自分でパンやお菓子を焼いているようです。

かわいくできたら、SNSでシェアして盛り上がる、という楽しみもあります。

しまいっぱなしだったパスタマシンを持ち出して、手作りパスタを作る人もいます。

先が不安だから、コンフォートフードを食べるのだと思います。

コンフォートフードとは、食べるとなんとなくほっこり癒やされる食べ物す。

パンケーキ、グラタン、ピザ、ピーナツバターサンドイッチ、アイスクリーム、パスタ・アンド・ミートボール、マカロニ・アンド・チーズ、フライドチキン、チキンポットパイ、フレンチフライなど、人によって、コンフォートフードは違いますが、炭水化物が多く、カロリー高めのものばかりです。

こういうものを食べると、脳内の報酬系が「カロリーを取ったね、よくやった」とばかり活性化されます。

くわしくはこちら⇒砂糖を食べると脳内で起きること(TED)

そのときは、ハッピーですが、食べ過ぎると血糖値が急上昇したのち、急降下するので、心の安定には逆効果ではないでしょうか?

ストックしすぎた、コンフォートではないが健康にいいものを、淡々と食べるほうが、穏やかに生活できます。

パントリーチャレンジとは? ⇒ パントリーチャレンジのススメ~ズボラ主婦だからできる究極の節約方法

4.サブスクリプションの見直し

各種、会員登録、メンバーシップを見直します。いくつかは、デジタルなものの断捨離とも言えます。

たとえば、

ジムのメンバーシップ
ケーブルテレビの契約
定期購読(新聞、雑誌)
定期購入
各種会員サイト
ネットのサブスクリプション(動画、本、雑誌、音楽、各種サロン、ゲーム)
SNSのアカウント
SNSのグループ
フォローしているもの
習いごと

知らず知らずのうちに、いろいろなオンラインの集まりに参加していますから、ここらで、いったん整理して、本当に必要なものだけに参加するといいでしょう。

いま、外に行けないから、ネットでつながる、ということをやっている人が多いですが、ネットでコミュニケーションを取るのは、それはそれで疲れるので、やりすぎないようにしたほうがいいです。

デジタルなやりとりばかりしていると、座りっぱなしになるし⇒座りっぱなしが寿命を縮める。座りすぎのリスクとそれを回避する方法。

目も頭も疲れます。

不用なカタログやDMも止めましょう。

カタログを止めることから始めるシンプルライフ。

5.使うことにフォーカスする

寄付したり、売ったりできない不用品は、自分で使うという方法もあります。

意識的に死蔵品を使います⇒死蔵品を作らないために、すでに家にある物を使う4つの戦略。

未読本なら、実際に読む、ためにためたクラフトの材料で実際になにか作る、など。

現在、私が、意識して使っているのは文房具(カラーペン)と、裏紙です。

これまで、しっかりやっていなかった教材も、毎朝30分使って消化しています。

いまは、買い切りのオンライン教材を順番に見ていて、これが終わったら、アナログの教材に移る予定です。

消化する順番は

1.)販売元が用意したサーバー上にあるもの

2.)自分でダウンロードしたもの

3.)アナログの教材

こうしています。

販売元が用意したサーバー上にあるものは、いったん買えば、この先、好きなときに何度でもアクセスできますが、「いつでもアクセスできる」と思っていると、いっこうにやらないので、優先的にやるようにしました。

6.買わなくていいもの探し

これまでずっと使ってきたけれど、なくてもよさそうなものをなくしてみる、というのも、自己隔離中にやるのに適しています。

たとえば、ヘアケア商品(シャンプー、コンディショナー、スタイリングに使う液体など)や化粧品の品数を落とすとか。

誰にも会わないし、店も開いていないのだから、湯シャン、肌断食、セルフカッドなど、自分で試すいいチャンスです。

先日、ニュースで、庭に立って、シアーズというガーデニング用のはさみで、自分の髪をばさばさ切っているおじいさんの映像を見ましたが、すがすがしく感じました。

もう買わなくていい物3つ。ミニマリスト主婦、筆子の場合。

7.行動の見直し

最後は行動の見直しです。

日々、自分がよくやっている行動を10個書き出し、そのうち、もっとも大事なもの2つを選び、残りの8個の中から、やらなくていいことを探して、もうやめます。

これは、80対20の法則(パレートの法則)の考え方をベースにした見直しです。10個のうち、本当に大事な2個をしっかりやれば、生活は充実します。

パレートの法則について⇒これで簡単に捨てられる、洋服を捨てる7つのルール~あなたの服の8割はいらない服です

家事、仕事、勉強など、カテゴリーを決めて、10個出してもいいですし、もっと範囲をせばめて、何かを勉強するためにやっている10個のことを出して、2つを選ぶ、といったやり方をしてもいいでしょう。

どんなことも、メリハリをつけてやったほうが効果的です。

いま、カナダにおける感染の80パーセントは、ケベック州とオンタリオ州で発生しています。感染の多い地域でも、特に感染が発生している場所(ケアホームなど)がいくつかあります。

ケベックとオンタリオのケアホームを集中的に対策すれば、カナダ全体の感染も死者数も一気に減るでしょう。

それができるかどうかは別として、ポイントをおさえて時間とエネルギーを注いだほうが、結局は、全体的な質があがります。

「いつも、いろいろなことをやっていて忙しい」という人は、ぜひ、パレートの法則を取り入れて、やらなくていいことを見つけ、手放してください。

■関連記事もどうぞ

31日間の片付けプラン(前半2週間分)。自宅待機でひまなら不用品を捨てよう。

外出できないときは不用品を捨てよう。:31日間片付けプラン(後半2週間分)

*****

不用品を寄付できないときにできる片付けを7つ紹介しました。

すぐに寄付センターに持ち込めないのは不便ですが、一時的なことなので、工夫して乗り切りましょう。

カナダでは、今週、中央政府が経済活動再開のガイドラインを発表し、早い州は来週から、そうでない州も5月中には再開すると思われます。

不用品の処分もしやすくなっていくでしょうから、いまは、家の中でできることに集中してシンプル化をはかるといいですね。





洋服のお直しいつか使う、じゃなくて、今使う。使わないなら処分するしかないでしょ?前のページ

物をためこんでいる義理父。少し捨ててほしいのですが、どうしたらいいですか?次のページ本がぎっしり

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 散らかった部屋

    断捨離テクニック

    物を溜め込むのをやめる4つの方法。溜め込まなければ断捨離に悩む必要もない。

    自分なりにいらない物を捨てているのにいつまでたっても片付かない、ガッツ…

  2. 雑誌の山

    断捨離テクニック

    年末の今だから捨てたいもの。片付けのラストスパートをかけよう。

    きょうは、2019年12月27日金曜日。本日が仕事納めで、明日から年末…

  3. マトリョーシカ

    断捨離テクニック

    せっかく集めたから捨てられない?コレクションを少しでも減らす10の方法

    前回、収集癖の裏側にある心理と、集める理由ごとに断捨離する方法を書きま…

  4. 張り子の犬

    断捨離テクニック

    松の内がすぎたらすぐに断捨離したい。お正月用品の処分の仕方

    松の内も過ぎて、お正月から掃除はしたくないと思っていた人も、そろそろ片…

  5. 化粧品持ちすぎ

    カレン・キングストン

    断捨離停滞中?見方を変えれば捨てられます~カレン・キングストンに学ぶ

    さくさく進んでいたはずの断捨離。ところが最近、捨てるものがなくなってき…

  6. 冷たい飲み物

    断捨離テクニック

    夏場に捨てたい5つのガラクタ:プチ断捨離(34)

    プチ断捨離シリーズでは、不用品を捨てることに慣れない人でも、簡単に楽し…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,178人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 焼き物
  2. 1人たたずむ若い女性
  3. スマホを見ている人
  4. ノートパソコンに向かっている女性
  5. 紙束
  6. 祈る人
  7. 石ころ
  8. 何かを書いている女性
  9. 木枕
  10. 小さな女の子

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 山登り
  2. ミーティング
  3. ティーカップとお皿
  4. Tシャツの収納
  5. 電話でお話する
  6. ラップトップ
  7. 断捨離してます
  8. ハンガーとカラフルな服
  9. 古着屋
  10. 収納棚

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP