シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

物を大量に捨てて、思考もスッキリ、生活がとても快適に


筆子ジャーナルにいただいた読者のお便り紹介コーナーです。今回は、物を捨てたら、頭の中がクリアになり、生活の質があがったという45歳の女性の方、カナダに留学を考えている24歳の男性の方、2013年生まれの女の子をお持ちのミニマリスト主婦の方のお便りを紹介します。

まずかおるさんより

桐の木枕と板床を快適に使用中。腰の痛みも改善されました

件名:感謝をお伝えします

筆子さん、はじめまして。
埼玉に住む45歳の女性です。
出戻りで、実家に両親と暮らしています。

知り合いから、ミニマリストの本を紹介され、物を減らしたことで逆に心が満たされて幸せを感じたという内容に魅力を感じました。

そして、ミニマリストのブログを検索していて、筆子さんのブログに巡り会えました。

筆子さんの考えも紹介するものもとても為になり、読むのが楽しみです。
ありがとうございます。

わかりやすい説明と、率直で潔さを感じる情報の公開に、親近感が湧いでしまいました。

筆子さんというのはニックネームですか?

かなり、影響を受けて色々真似してます^_^

今、トランポリンがとても気になっています。
①モーニングページ
木枕と桐の板床
湯シャンに影響受けて、塩シャンプー
④物を沢山処分して、思考もスッキリ、生活がとても快適になりました。
⑤生ナッツを大量注文しました。

木枕、筆子さんのブログで知ってピンときて、すぐ注文しました。

今のところ木枕は、何時間かすると、痛くなって夜中に途中で外してしまいます。

身長155センチで、SSにしましたが、もっと低いほうが良いような気もしています。

桐の板床、気に入ってます。何日かフローリングにヨガマットとか除湿シートにシーツを敷いて練習してから、購入しました。

清潔で温かみもあり、寝心地も予想よりかなり快適で何の問題もありません。いつも起床の際にうっすら腰が痛かったのですが、板床にしてから、痛みがなくなりました。

手入れもいらないし、収納も場所を取らないのでミニマリストにはピッタリの寝具だと思います。

筆子さんのお陰で、私の生活がとても快適で心も楽しくなってきました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。

ここ2年くらい、派遣で働くことに疲れて肉体労働をしたり、カフェでアルバイトしたり、フラフラと彷徨っていたのですが、10月から、短期でまた派遣の仕事につきました。

本当は、何か自分が好きなことをしてシンプルに生きていけたら最高なのですが。

今の仕事の契約期間中は、そういった望みのアンテナを張りつつ、筆子さんや他のミニマリストさんたちから知恵をもらいながら生活を楽しんでゆこうと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。
ブログを楽しみにしています。
筆子さんが、いつもハッピーでありますように!!
感謝を込めて。
かおる


かおるさま、お便りありがとうございます。ブログの記事たくさん読んでいただき、ありがとうございます。

まず初めての読者の方にもわかるように、お便りに出ているグッズについて説明させていただきます。

●ミニトランポリン⇒ミニトランポリン歴1年7ヶ月の私が伝える、7つの健康効果

●モーニングページ⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

●木枕⇒木枕でウソのように肩こり解消~健康にいいし、小さいし、床に寝るミニマリストには理想の枕です

●湯シャン⇒湯シャンのやり方や効果を書いた記事のまとめ

●生ナッツ⇒健康に気を使う私はまるごと栄養を取れるローストしていない生ナッツを食べる | 筆子ジャーナル

さて、筆子というのはハンドルネームです。本名ではありません。めったに使いませんが、一応、このハンドルネームには名字もあり、フルネームは「墨筆子(すみふでこ)」です。

プロフィールのところに「ふでこ」とカナをふっているのですが、たまに「ひつこ」という名前で検索され、こちらにたどりつかれる方がいます。

それも1人や2人ではありません。「ひつこ」って読みにくいと思うのですけどね。もし「ひつこ」と読んでいたら、「ふでこ」に脳内変換、お願いします。

木枕は、最初は痛いかもしれませんね。お昼寝などで、1日数分ぐらいからならしていってください。「マンガでわかる西式甲田療法」という本にも、「マイペースで使えばよい」とあります。

使わない日があってもいいですよ。とは言え、このお便りをいただいたのは、去年の10月なので、もう大丈夫かもしれませんが。

固いときは、タオルを巻いて使ってみてください。私は小柄で、身長147センチ。やはりSSを使っていますが、普通に使えています。夜中にはずれてしまうこともありますが。

SSより小さいサイズとなるとたぶん子供用になると思います。

桐の板床はきっと気持ちがいいでしょうね。近所に売っていないため、私は使っていませんが。

モーニングページはかおるさんだけでなく、いろいろな方から、「紹介してくれてありがとう」とメールをいただいています。

これ、簡単ですが、頭の中がクリアになってくると思うので、おすすめです。私は今もやっています。朝どうしても忙しくて書けない日は昼過ぎに書いたりしています。

物を減らすと、自分のやりたいことや、興味のあることが次第にわかってくると思います。いったん自分の好きなことや、「これかな?」ということがわかってきたら、アンテナを張りつつ、少しずつアクションを起こすと、より望みの方向に行けるのではないかと思います。

今後も、物を減らしながら、心楽しく暮してください。かおるさんの夢が叶いますこと、お祈りしております。

カナダは車なしで平気なんですか?

次は質問のお便りです。ミニマリストには関係のない質問だったので、ご本人に直接返事を出し、個別に記事は書きませんでした。もしかしたら同じ質問をかかえている方がいらっしゃるかもしれないので、こちらで紹介します。

件名:初めまして
Mさまより

初めまして。
現在日本に暮らしている24歳男性です。

語学留学と英語学習の為にカナダに1年ほど住みたいと思っているのですが、私は目の病気で車に乗れないので車なしでも生活できるのか気になっていました。

足腰には自信があるので自転車で生活しようと思っています。

歩道があまりないと聞いたのですが、街中とかでも最寄りのスーパーとか施設まで数キロ離れたりするんでしょうか?

Mさま、こんにちは。

車なしで生活できるかどうかは住む場所によって、違います。街中から離れれば離れるほど車が必要です。

カナダは国土が広大なので、日本のように、数百メートルごとにコンビニがあるといった状況ではありません。

しかし、バスや電車のある都市に住めば車がなくても生きていけます。
どうしても必要なときはタクシーを使えばいいし、人に乗せてもらうこともできます。

実際お金のない学生は電車やバスを使って大学に行っていますし、そういう留学生も多いです。

留学先の市や街のホームページに行けばどんな交通機関があるかわかります。またバンクーバーなど、留学生がよく住む都市については、留学エージェントのサイトなどに日常生活に関する情報がたくさんのっているので、参考になります。

留学先をいくつか絞り込んだら、その場所に住んでいる人に直接メールで聞いてみるといいと思います。

自転車用の道として整備されたパスは日本より多く、自転車で移動する人もたくさんいます。​

留学の成功をお祈りしております。

手紙

お便り本当にありがとうございます♪

映画 The True Cost (ザ・トゥルー・コスト)について

えりかさんより

はじめまして。

えりかといいます。筆子さんと同じくブログ村ミニマリストランキングに登録しています。(ゆるいミニマリストブログで、内容の薄い、ほぼ自己満足のブログです。)

筆子さんのブログは何度も読んでいます。特に実家の片付けなど、参考になります。

ミニマリストや片付けでなく、健康問題や環境問題の内容も多く、勉強になります。

TEDの記事も、すごく好きです。

先日の「ザ・トゥルーコスト~ファストファッション真の代償~」の記事に衝撃を受けました。

以前から服を買うならできるだけ古着屋でさがしていました。それは、単に自分がお金をあまり使いたくないと思っていたからです。

実家に帰る度に、母が「安かったから」という理由だけで、私の服を買ってくることも、「いらないのになぁ」と思いつつ「母のお金だから、好きに使えばいいわ」と思っていました。

でも、ファストファッションは、ものすごく環境に負荷を与えていたんですね。(前回の記事でも予告編を見て、衝撃を受けていたのですが、今回の記事でさらに衝撃を受けました)

安いからという理由で、服を買いまくり、トレンドを追いかけ、簡単に捨てることで、環境破壊に加担していたのですね。

このことは、母にも教えてあげたいし、もっと広まればいいと思います。(映画も観にいきたいけど、地方なので、DVD化を待ちます)

長くなりましたが、私も今後、服はできるだけ古着か、もし新品を買うならオーガニックコットンなどの環境への負荷が少ない服にするという決意表明とともに、筆子さんのブログの記事のリンクを一緒に貼らせていただきたいのですが、構いませんでしょうか?

長々と失礼しました。お返事いただけると幸いです。

えりかさん、お便りありがとうございます。

こちらもまずはお便りで話題になっている記事を紹介します。

●The True Cost について⇒『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』11月日本で公開。服を買い過ぎる人は必見です

●実家の片付け⇒「実録・親の家を片付ける」のまとめ

●TEDの記事⇒TEDの記事のまとめ(1)ミニマリスト的生き方の参考に

The True Costの記事に興味を持っていただいて、ありがとうございます。えりかさんのブログ、拝見しましたが、えりかさんの気持ちがストレートに出ていていいブログだと思います。

お子さん小さいのに、ミニマルライフを追求していて、素晴らしいです。私なんて物、増やしていましたから。

さて、私のブログはリンクフリーなので、どの記事にでも、お好きにリンクを貼ってください。

というような、お返事をさしあげました後に、えりかさんが書かれた記事がこちらです⇒ファストファッション。ミニマリスト、環境問題について考える。もう服はいらない : ミニマリスト主婦くろまめの日記

* * * * *

今回は3人の方のお便りを紹介しました。

あなたも感想ですとか、何かご意見がありましたら、お気軽にメールをお寄せください⇒お問い合わせフォーム | 筆子ジャーナル

引用許可をいただいたものは、このように忘れたころに紹介させていただいてます。

いただくメールが多いため、すべてを紹介できなくてすみません。全部紹介していると、ふつうの記事を書けなくなってしまうのでご容赦願います。

それでは次回のお便りコーナーをお楽しみに。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索