年金手帳を持つおばあさん

健康・アンチエイジング

人を老けさせる5つの習慣。若返りメイクより生活習慣の見直しを。

いつまでも若く健康でいるアンチエイジングシリーズ。

今回は、人を必要以上に早く老けさせてしまう不健康な生活習慣をお伝えします。年をとったときの見かけや気分は、若いときからの暮らし方にかかっています。

若返りメイクや、ファッションに気をつけるのも悪くありませんが、ふだんの暮らし方そのものを見直したほうが効果的です。そのほうがお金もかからないし、よけいなことを考えなくてすみます。

以下に老け顔を作ってしまう悪習慣を5つ紹介しますので、手放せるものから、手放してください。



1.慢性的睡眠不足

また、睡眠の話か、と思いましたか?睡眠はすごく大事なので、何度でも書きます。

夜、しっかり寝ないと、心身ともに健康が損なわれ、早く老けます。睡眠をとることは、元気で楽しい毎日を送るためにはきわめて大切なことです。

さまざまなサプリを飲んだり、美容法を試したり、顔の体操をするより、夜しっかり寝るほうが効果的なのです。

「老人はそんなに寝なくてもいい」と言われていますが、7時間~8時間は寝るべきである、と睡眠の専門家は言っています。

考えてみれば、睡眠時間を取ることはそんなに難しくはありません。早めに布団に入るだけです。

コストもかからないし、余計な道具も不用です。

必要なのは思考の転換だけ。

今「やらなければいけない」と思っていることをやめて、さっさと寝ればいいだけです。睡眠を削ってまで仕事をすることはありません。

いつも夜遅く寝ている人は、24時間、朝から晩まで、「どうしてもやらなければいけないこと」ばかりなのか、客観的に調べてください。わりとどうてもいいこと(SNSとか)に時間を使っているかもしれません。そういう時間を睡眠にあててください。

夜しっかり寝ていると、パフォーマンスがあがるし、よりよい選択ができるし、活力がみなぎって元気だし、見た目もよくなります。

人は水を飲み、食事をしなければならないように、睡眠も必要なのです。ちゃんと寝なければ、細胞は適切に修復されないし、ホルモンバランスもくずれるし、免疫も落ちます。

睡眠の大切さ⇒見逃しがちな睡眠の7つのメリット。若さを保ちたいなら夜はしっかり寝よう

断捨離ができない、汚部屋が解消できない、仕事で失敗ばかりする、貯金ができない、いつまでも貧乏だ、という人は、ちゃんと睡眠を確保しているか、振り返ってください。

土台がぐらついているから、人生のすべてのことが、うまくいかないのかもしれません。

2.加工食品やジャンクフードばかり食べている

不健康な食事をしていると早く老けます。人を老けさせる食べ物は加工食品、ジャンクフードなど、本来は食べ物でない食べ物です。

老けない食べ物は、旬の時期にとれた野菜や果物。これは病気になりいにくい食べ物でもあります。もちろんタンパク質や穀物も必要です。

個人的には、加工食品を食べるのを制限するといいと思います。加工食品には、塩分、砂糖、食品添加物がたくさん入っているからです。

加工食品について⇒加工食品のメリット、デメリットを知り健康的な暮らしを目指す

私もたまには加工食品を食べますが、ふだんホールフード(ふつうの食べ物)中心に食べていると、とても不自然な味に感じます。

実は、先月、母がフリーズドライのお味噌汁を送ってくれたので、ちょっと飲んでいるのですが、やはり違和感があります。

けれども、ほんの10年前は「フリーズドライだからおいしいな」と思って飲んでいたのです。

加工食品を食べていると、だんだんその味に慣れてきて、ふつうの野菜や果物は「まずい、味がない」と思ってしまいます。



味覚は比較的、短期間で矯正できるので、1週間や2週間だけ、加工食品を食べない挑戦をしてみてください。

こういうのは、自分で実感するのが一番いいです。

おすすめのチャレンジ⇒10日間の砂糖断ちで、味覚をリセットする方法

3.人のことをいつまでもうらんでいる

気持ちの持ち方も老化スピードに影響があります。

人のことをうらんでいると、ストレスが増えます。

ストレスがあると早く老けます。なぜなら、ストレスはテロメアという染色体の先にあるキャップのようなものを短くし、細胞を老化させてしまうからです。

詳しくはこちら⇒ストレスのせいで頭痛がしたり太ってしまう理由とは? 「テロメアとストレスレベルの関係」をお読みください。

ストレスの原因はいろいろありますが、特に人に対するうらみや、ねたみを手放すことをおすすめします。

人を許すことができると、全般的に暮らしの質があがります。

場合によっては、相手を許すのは難しいかもしれませんが、人を許すのは相手のためにするのではなく、自分のためにするのだ、と思ってください。

ライフレビューをすると許せるかもしれません⇒60歳以降は可能性に満ちている「人生の第3幕」ジェーン・フォンダ(TED) 「ライフレビューをして過去から自由になる」をお読みください。

相手を許すと、過去ではなく、今を生きることができるようになります。

その他のストレス・マネジメントはこちらをどうぞ⇒ストレス発散法を探す前に、捨てたほうがいい4つのもの。

4.動かない

現代人は、動物なのに、あまり動きません。「非動物」と呼んでいいぐらいの、動かなさ加減です。

カトリック教会には、「7つの大罪(Seven deadly sins)」があります。

その中のひとつが、sloth (怠惰)。7つの大罪はもともと人間を罪に導く可能性のある感情、欲望を表したものとのこと。

なまけていると食い詰めて、盗みなどをしてしまう、と考えられていたのでしょうか?

しかし現代では、怠惰がきわまると、老化が早まり、時に、しっかり病気になり、真の意味で deadly (命取りになる)です。特に下半身の運動不足は危険です。骨が弱くなってしまうし、脳も老けてしまいます。

運動不足の弊害⇒運動をしないとどんなことになるのか。運動不足の6つの弊害

運動するとニューロンの減少を抑えることができます⇒脳の若さを保つ7つの方法~アンチエイジングは頭から 「1.運動をする」をお読みください。

からだを動かすと、ストレスも減りますが、私のようなシニア目前の人にとってのメリットは、怪我の防止ができることです。

怪我をすると、いやでも」「非動物」に近い状態になるので、老けこむばかりです。週に3回、30分ウォーキングをするだけで、転倒のリスクを下げることができるそうです。

これまでまったく運動習慣のなかった人も、手遅れということはありません。暑いかもしれませんが、きょうにでも運動を始めてください。

ウォーキングの始め方⇒ウォーキングを開始して楽しく歩く4つの工夫:メリットとコツを知り継続する

5.喫煙

喫煙は老け顔を作る元凶ですが、喫煙者は少ないので、最後に持ってきました。

近年、喫煙率はどんどん下がっており、日本では男性10人に3人、女性は10人に1人です。

この数字のソースはこちら⇒最新たばこ情報|統計情報|成人喫煙率(JT全国喫煙者率調査)

私の周囲で喫煙している人はいないし、たぶんこのブログの読者も、ほとんどが喫煙者ではないと思いますが、たまにはタバコを吸う、という人もいるかもしれないので、念の為に書いておきます。

タバコが健康によくないのは周知の事実。老化という点でいうと、肌をとても汚くしてしまうところが問題です。禁煙すると、お肌がだんだんきれいになっていくはずです(ぜひ、ご自身で試してください)。

タバコを吸うと肌の弾力性が失われ、小じわが増えます。

喫煙により、ビタミンCが奪われるので日焼けのダメージもアップします。喫煙直後は血管が収縮するので、肌にじゅうぶん酸素が行きわたらないため生き生きとしたお肌でいられません。

免疫系もダメージをうけるので、肌が損傷を受けたとき、すぐに修復されません。免疫がアップすると、肌がきれいになりますが、この点を気にしている人は意外と少ないですね。

15分間喫煙しただけで、DNAが損傷を受けるそうです。

タバコの本数を気にする人が多いですが、自分が喫煙にどれぐらい時間をかけているのか、測ってみるのもいいかもしれません。

さらに、喫煙者は習慣的に、ニコチンをはじめとした毒物のいっぱい入った煙を自分の顔のまわりにただよわせています。この煙のせいで、肌に吹き出ものができやすくなります。

もし私が喫煙者なら今この瞬間にタバコを吸うのをやめます。

以上の5つの悪習慣を改めると、若い人でも、少しずつ元気になれます。化粧にくらべると即効性はありませんが、じわじわと効いてきますよ。





ピックアップ記事

  1. プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。
  2. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. スキンアクア モイスチャージェル

    健康・アンチエイジング

    肌断食中のミニマリストが使っているたった1つの化粧品

    去年の秋から、肌断食をしています。肌断食とは、肌に化粧品をつけ…

  2. 太陽の光

    ファッションをミニマルに

    私の強力な紫外線対策5つ:ユニクロのUVカットパーカはマストアイテム

    日差しが気になる季節になってきました。今回は50代節約系ミニマリスト主…

  3. 筋トレ

    健康・アンチエイジング

    疲れて何もやる気がしないとき速攻で元気になる7つの方法。

    生きていると、時々妙に疲れを感じる日があります。なんだかわから…

  4. インフルエンザにかかった女性

    健康・アンチエイジング

    私がインフルエンザの予防接種を受けない理由

    インフルエンザの季節になりました。今回はなぜ私がインフルエンザの予防接…

  5. 不眠症

    健康・アンチエイジング

    朝早く目が覚めてしまう。体内時計が乱れたときの7つの対処法

    体内リズムの簡単なりセット方法を7つお伝えします。季節の変わり目は体調…

  6. おじいさんとおばあさん

    健康・アンチエイジング

    若返りホルモン(成長ホルモン)を自然な形でたくさん出す5つの方法

    いつまでも、心身ともに若々しく暮らす方法を模索するアンチエインジングシ…

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

407人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事です♪

  1. プレゼントの応募についてメールをいただいたHさんへの返事です…
  2. あなたが買い物する理由、この中にありますか? 浪費で消耗する…
  3. 子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回…
  4. どんなふうに服を断捨離していったか?:ミニマリストへの道(1…
  5. 大々的に変えようとしないこと。小さな習慣から始めよう(TED…
  6. 私がせっかく断捨離した物を母親が使っているのでモヤモヤします…
  7. テレビを捨てて、断捨離が終わりました(読者の捨て体験紹介)。…
  8. 思い出の品を捨てるのが苦手な人は、こんなふうに考えてみては?…
  9. シンプルに暮らすために余白を取ることを意識したい7つのもの。…
  10. 楽しいはずのことが楽しいと思えない。毎日が楽しくない。こんな…

今日のおすすめ記事

  1. 多すぎる服
  2. 服が多すぎる
  3. 風邪
  4. ホワイトビネガー
  5. 心配する人
  6. 玄関
  7. 高いバッグ
  8. ウエスを作る人
  9. 若い女性

過去記事、たくさんあります♪

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪

捨てられない人は要チェック

1週間で8割捨てる技術

⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

筆子のおすすめ記事

  1. コレクション
  2. セールに興奮する女性
  3. ルーム
  4. りんご
  5. セールのメール
  6. 貯金箱
  7. トルティーヤチップス
  8. 1週間で8割捨てる技術
  9. パソコンに向かう女性
  10. おもちゃ箱
  1. 小さな女の子

    ミニマム思考

    幸せになりたいなら捨てたほうがいい4つのゴミのような思考。
  2. きれいな部屋

    ミニマルな日常

    どこまで捨てればいいの?断捨離お悩み相談の回答。
  3. ミニマリストの寝床

    ミニマルな日常

    ミニマルな寝床を実現~床に毛布をひいて寝るようになって4ヶ月、こんな変化あり
  4. トウシューズの試し履き

    ミニマルな日常

    娘にバレエを習わせてよかったと思う理由
  5. 考えごとをする女性

    断捨離テクニック

    【保存版】あなたがモノを捨てられないよくある理由ランキング
PAGE TOP