食料品の買い物

ミニマルな日常

不用意に物を家に入れない~シンプルライフにするのに役立ったこと(その5)

物をたくさん抱え込む生活から、シンプルライフにシフトするのに役立ったことを書いています。

今回は、できるだけ物を家に入れないようにした話です。

不用品を捨てていても、自宅に物どんどん入れていたら、所有品は減りません。

まあ、あたりまえのことです。

物の流入を止めるため、以下のことを心がけました。



1.家に入った物はすべて記録

何がどこから入ってくるか把握するため、家に物が入ったら、すべて記録しました。

記録に使ったのは、Googleのスプレッドシート、デジタル写真(初期はデジタルカメラ、今はスマホを使用)、ブログです。

買った物

自分で買った物は、スプレッドシートで一覧できるようにし、さらに写真も撮りました。

両方とも今もやっています。

やり方はこちらに⇒よくない買い物のクセを見つけて修正する:余計なものを買わないコツ(その3)

記録には、買った物の金額も書いていますが、家計管理のためではなく、よけいな物を家に入れないために書いています(家計を管理するノートは別にあります)。

スプレッドシートは1年ごとに作って、ときどき眺めています。

写真は、Googleフォトに自動的にアップロードされるようにして、こちらも時々眺めます。

眺めていると、買ったことをすっかり忘れている物を見つけたり、「あ、これ買ったけど、あまり使ってないな」とか、「結局捨てたよね」と気づいたりしますが、この気づきが、その後の行動を変えるきっかけになります。





もらった物

10年ぐらい前までは、母がよく荷物を送ってくれたので、荷物の中身を全部写真に撮って、時々眺めていました。

他のいただき物も写真に撮りました。

今はもう母から荷物が届かないし、もらい物も少ないので、ギフトの写真は撮っていません。

贈り物をもらったらできるだけ早く使うようにしています。

物をためないコツ。「買ったらすぐに使おうルール」のすすめ

いただき物は、その日から使い始めるか、乾物など、すぐに食べられない物も、目立つところに置いて、どんどん使うのです。

なお、夫や娘が家に入れたものは、私の物ではないので、何の記録も取りません。

ただ、大きな物や、「なぜ、こんな物を家に入れるのさ?」と思う物については、たいていブログに「夫がこんな物を買ってきました」と書いていたので、いつまでも記憶に残っています。

夫の迷惑な買い物の例:

・夫が「私のために」買ってきたのに、私はまったく使わなかったミシン⇒裁縫道具の整理と収納の仕方、ミニマリストの場合 このミシンは、現在は夫の物となっています。

・ブラックフライデーセールで夫が買った無用の洗濯機⇒安物買いの銭失いな夫の悩み:ミニマリストへの道(99)

2.家に物を入れない努力をする

物を家にたくさん入れて、これ以上自分の苦しみを増やさないように努力しました。

買い物を控える

物が増える最大の理由は買い物なので、余計な買い物をしない工夫をしました。具体的には、買わない挑戦です。

浪費癖を治すのに最適な「買わない挑戦」を成功させる5つのコツ

買わない挑戦は、もう15年近くやっています。

その時々によって、ルールやターゲット(特に買わないようにする物)は変わっています。

買わない挑戦は、本当に効果があるので、これ以上、物を増やしたくない人はぜひやってみてください。

やり方は、過去記事にたくさん書いていますし⇒誰でもできる『買わない挑戦』の始め方。自分ルールで楽しく実践。

本にも書いていますし⇒筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付中です。

今週、発売されたムック本にも書いています⇒ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。

まあ、最近は、買わないチャレンジをする人はたくさんいるから、やり方がわからないことはないでしょう。

買わない挑戦をするとき、「何も買わないようにする」という、非現実的な目標を立てる人がいますが、このチャレンジは、「大事な物を手に入れることができるようにする」チャレンジです。

もらい物は断る

不用なプレゼントは断るようにしました。

とは言え、カナダに住んでいると、日本のように、あちこちから贈り物が襲いかかってくる、ということはありません。

私が正面切って断ったのは、夫と義理母に対してだけです。

娘は、私がミニマルライフを心がけていることをよく知っているし、私がいらないと思うものはくれないので(何もくれないか、くれるとしても事前に相談がある)、娘に対しては、対処は不用でした。

おまけをもらわない

かつての私は、無料でもらえるおまけ、粗品、景品、プレゼント、付録のたぐいに弱く、あれこれもらって、物を増やしました。

おまけにつられて物を増やす人:ミニマリストへの道、番外編4

この習慣を改めました。

何でもかんでももらっていた人が、全くもらわない人になるのは大変だと思うかもしれませんが、そこまで難しくありません。

というのも、おまけでもらう物は、「必要な物」ではないからです。

おまけは私の人生を複雑にするだけだ」とか、「人生は短い。大事な物だけにフォーカスしたまえ」などなど、ふだん私がブログに書いていることを肝に銘じ、本体(大事な物)だけ手に入れて、おまけとしてついてくるものは、全部シャットアウトしました。

買い物を減らすと、おまけがやってくる機会も減るので、買わない挑戦ともらわない挑戦は同時進行すると効果的です。

3.デジタル化

デジタルデータを確認すれば済むものは、できるだけデジタルデータを利用して、物のかさが増えないようにしました。

書籍、各種お知らせの紙、銀行の明細書などです。

そういえば、今年は、紙の本は1冊も買いませんでした。

4.物を増やさない趣味を楽しむ

趣味は人生を豊かにしてくれる大事なものですが、物が増える趣味には手を出しませんでした。

私の趣味は、もともと、ブログを書くこと、語学、読書、塗り絵ぐらいですから、そこまで物は増えません。

ブログや語学は、インターネットとパソコン(タブレット、スマホ)があれば完結するし、本も電子書籍を読めばいいし、塗り絵も、塗り絵本を買いすぎなければ大丈夫です(私は買いすぎたので、あとになってたくさん寄付しました)。デジタルの塗り絵を楽しむ人もいます。

だらに、何かを始めるときは、最初に道具を揃えすぎないようにしています。

「あれば便利かもね~」ぐらいでは手に入れず、「これがないとにっちもさっちもいかない」と差し迫った状態になってからようやく入手する、という感じです。

実際は、ギリギリまでがまんすると、他のリソース(時間や体力)を使うはめになるので、バランスを取るようにしています。

5.所有しない

所有しなくてもいいものは持たないことを心がけています。

たとえば、用途別にいろいろな洗剤を買うことはしません。

もう買わなくていい物3つ。ミニマリスト主婦、筆子の場合。

使わなくても大丈夫な日用品~50代節約系ミニマリストの場合

「いろいろな物をたくさん持っていると、バラエティがあって豊かな生活になる」と思いがちですが、この思考のせいで、似たような物が、家の中にあふれてしまうと考えています。

番外:むやみにプリントアウトしない

家に物を入れないようにしていても、自分でガラクタを作り出してしまうことがあります。

私の場合は紙ゴミをたくさん作ったので、今は、安易にプリントアウトしないよう心がけています。

初期の頃は、インターネットで見つけたレシピを印刷しすぎて、失敗しました。

料理本を断捨離(全捨て)した。いくらレシピがあっても料理上手にはなれない

10数年前は、お菓子作りが趣味だったので、ネットで、「お、これは作ってみたい」と思うレシピを見つけるたびに、印刷していました。

今は、便利なレシピサイトがたくさんあるし、YouTubeやインスタグラムで、料理が得意な人が、朝から晩まで何か作っているので、レシピを探すのは簡単です。

しかし、インターネットの黎明期は、今ほど情報が氾濫していなかったので、私にも作れそうなレシピは貴重でした(まあ、そう思っていただけです)。

そこで、ばりばり印刷してしまいましたが、使ったのはほんの一握りで、ほとんど紙ゴミになりました。

デジタル写真を整理するために、サムネイルを印刷してゴミを増やしたこともあります⇒デジタルなガラクタをためこむ恐ろしさとは?:ミニマリストへの道(61)

昔の私は、「シンプルに暮らそう」とは思ってはいたものの、今ほど、「リソースは有限だ」ということが身にしみていなかったので、使い切れないほど、レシピを印刷したり、読みきれないほど本を買ったり、何かをダウンロードしたり、チェックしきれないほどブックマークしたり、という失敗はよくしました。

関連記事もどうぞ⇒私が試してうまく行った物を増やさない方法~ミニマリストへの道(48)

このシリーズを最初から読む方はこちらから⇒シンプルな生活にするために役立ったこと(その1)~不用品を捨てる。

*****

物が家に入ってこないようにやってみたことを紹介しました。

どれも効果がありますが、1つだけ選ぶとしたら、買わない挑戦です。人によっては大きく人生が変わります。

その次がもらわない挑戦。

自分で制限をかけてみると、拡大する一方の消費の実態に気づくでしょう。





本と眼鏡役目を終えたと思う本は手放せるようになった(本の処分、その8)前のページ

家の中を片付けたら家事の時間が減って、ほかのことをやる余裕が生まれた。次のページ温かい飲み物を飲む女性

ピックアップ記事

  1. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  2. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  3. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。
  4. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  5. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. 在宅勤務

    ミニマルな日常

    片付けに家事の練習。意外に充実していた私の外出自粛期間。

    新型コロナウイルス感染防止措置のため、たくさんの人が外出を制限されまし…

  2. フォトアルバム

    ミニマルな日常

    断捨離は大変。だけど、捨てれば、確実に前の暮らしよりよくなる。

    読者のお便りコーナー。今回も2018年の1月~2月にいただいたメールか…

  3. シュレッダー

    ミニマルな日常

    祝儀袋を捨てようとしたとき、夫に言われたこと。

    読者のお便り紹介コーナーです。今回は、祝儀袋の記事の感想を中心に4通紹…

  4. リラックスタイム

    ミニマルな日常

    所持品とタスクを減らしたら、時間の余裕ができて、清々しい毎日。

    いらないものを手放したら、心身ともに楽になったと教えてくれた読者2人の…

  5. ゴミ出し

    ミニマルな日常

    部屋の様子は、心の現れって本当なんだと実感した。

    不用品を捨てたら、気持ちのゆとりができて、人生がいいほうに変わっていく…

  6. 1人で考え事をする人

    ミニマルな日常

    不用品を捨てるのが苦手な人にすすめる、全体像を見る練習。

    物を捨てることが苦手な人は、全体像を見る練習をすると、今よりうまく捨て…

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,590人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 頭が混乱している若い女性
  2. 記念写真の撮影
  3. 返品するつもりの女性
  4. 古い物
  5. 海辺で後悔している人
  6. 鏡を見て落ち込む若い女性
  7. リラックスタイム
  8. 『8割捨てれば、お金が貯まる』表紙。
  9. 食器棚を見ている女性
  10. 忙しいお母さん

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 窓辺
  2. 本をかかえる女性
  3. ウエス
  4. スッキリした人。
  5. 笑顔
  6. 葉っぱ
  7. ペンを断捨離
  8. 素足
  9. 贈り物

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP