緑色の葉っぱ

ミニマルな日常

エコロジーに関する記事のまとめ、その1。もっと環境に配慮したい人へ。

これ以上環境にダメージを与えないために、普通の主婦にできることを教えてほしい、というメールをいただきました。

マイボトルを持ち歩くとか、買い物にエコバッグを使う以上のことを知りたいそうです。

そこで、エコロジーに関して、これまで書いた記事をいったんまとることにしました。

今回、集めた記事は、2015~2016年に書いたものなので、取り組み法についてはあまり出てきません。それは次回以降までお待ちください。

以下の4つの項目に分け、25記事リンクします。

・筆子のちょっとした工夫

・ナチュラルクリーニング

・環境ホルモン

・ファストファッション



環境を保護するためのちょっとした工夫

  • オーガニックフードは本当に健康的か?私がオーガニック食品を好む4つの理由

    オーガニックフードを食べる話です。

    オーガニックフードは健康にいいのですが、こうした食品を食べることは、化学薬品が大量に入っている肥料や飼料を使わない、環境に配慮した農業、畜産、水産をサポートすることにつながります。

    値段は安くないですが、持続可能な社会をめざしたい人は、できるところからオーガニックフードに切り替えるといいのではないでしょうか?

    地元の生産者を応援することもできます。

  • サランラップは使わない主義~ラップの代用品の工夫とアイデア

    サランラップの代用品について書いています。

    現在、私が使っているのは、Petroleum Free(石油を使っていない)ワックスペーパーです。

    どうしてもラップを使わないと困る、という人は、シャンプーと同じで使用頻度を減らすといいでしょう。





  • 節約したいなら水筒を持て~象印を愛用中

    水筒を使う話では。象印の水筒は、まだ持っているのですが、それは水を入れる水筒として使っています。いま、熱い飲み物はS’well の水筒に入れてます。

    リンクした水筒は、容量500mlですが、私が持っているのは、このデザインで785ml入るものです。

    ティーポットでハーブティを作ったら、この水筒に入れて飲んでいます。

    しっかり保温してくれるので、温かいお茶を飲むことができます。

    部屋が寒いので、マグに入れていると、すぐにお茶が冷めます。

  • モノはいつかゴミになるからゴミ処理問題に無関心は禁物

    我が家のゴミ箱や、どんなものをリサイクルしているか、ごみ処理センターに行ったときの話などを書いています。

    ごみ処理センターは、娘が小学校3年生ぐらいのとき、フィールドトリップ(遠足)で、行きましたが、いまでも覚えている「行ってよかった場所」の1つです。

    大量のゴミを自分の目で見ると、ゴミに対する考え方が変わります。

  • 貧乏暮しゆえにエコな生活へ~ミニマリストへの道(35)

    1001 Little Ways to Save Our Planet(地球を救うためにできる1001の小さな方法)という本を買ったことなど書いています。15年ほど前のことです。

    この手の本は、いまはもっといろいろ出ているでしょう。

  • エコロジーを意識しすぎて大量のゴミをためる:ミニマリストへの道(51)

    リユースを心がけていたら、考えることや物が増えた体験を書いています。何ごともバランスが重要です。

  • 薬なし生活~薬はすべて断捨離しアロマテラピーで健康管理

    今(2020年1月現在)、薬もサプリメントもいっさい使っていません。

    夫はよく使っていますが、私のほうが健康だと思います。

  • シンプルスキンケア:化粧品に頼らずきれいな肌を保つ方法

    化粧品を塗りたくらなくてすむ美肌法を提案。

  • インフルエンザや風邪をできるだけ自然に予防する方法

    薬に頼らず丈夫になる方法。

  • 暖房を使わずに室内を暖かくする7つの方法

    節電すると、つまり省エネすると、発電するときに出るCO2の排出を減らすことができます。

    ここに書いた方法は、私のような、厳寒地に住む人には、実情に合わない部分もあるかもしれません。

  • 量り売りの店、バルクバーンは節約主婦の味方、おまけにエコだよ

    バラ売りの食品を買うと、ゴミが減ります。

    最近、バルクバーンでは、ゴミを出さないことに力を入れていて、ガラスのジャーや、金属製のストローも販売されています。

    持参の入れ物を使用して買った人は割引するというプロモーションもよくやっていますし、アースデイの日も、何らかのプロモーションをしています。

  • ナチュラルクリーニング

    ナチュラルクリーニングとは、既製の化学薬品がいっぱい入った洗浄剤を使わずに、掃除することです。エコ家事とも呼ばれます。

  • エコな掃除の決定版。私のベーキングソーダ(重曹)の使い方7つ

    重曹はいろいろなことに使えるよ、という記事です。

  • 家事も簡単、シンプルに~お酢を使ったエコ掃除と洗濯のアイデア10選

    お酢もいろいろなことに使えるよ、という記事です。

  • エコな大掃除にも活躍。重曹、お酢、石けん以外で掃除に使えるもの4つ

    塩やレモンなど身近なものを使ったお掃除法を紹介しています。

  • ポンポンたわしで洗剤いらず、シンプルナチュラル家事を楽しく実践中

    ポンポンたわしは、アクリルたわしと似たようなものです。編み上げないので、編み物が苦手な人でも作ることができます。

    ゼロウエイストの人たちは、アクリルたわしみたいなたわしで、食器を洗っています。

  • ウエスの作り方と使い方~拭き掃除だけが好きな主婦のおすすめの掃除道具

    古着でウエスを作って雑巾として使用する話です。

    ティッシュペーパーや使い捨ての雑巾で掃除をしているなら、ウエスを使ったほうが、環境にはよいです。

  • 環境ホルモン

    環境ホルモンとは、ホルモンの働きをかく乱してしまう、内分泌かく乱化学物質のことです。

    「持続可能な社会と環境ホルモンって、関係あるの?」と思うかもしれませんが、私はあると思います。

    環境ホルモンは大気中にあったり、食品にあったり、ふだん使うケミカルな製品に含まれていたりして、それが体内に入ります。

    自分が、環境ホルモンをできるだけ取り込まない生活をし、環境ホルモンが減る社会にするために努力するのは、未来の子どもたちにより安全な環境を残すことにつながります。

    環境ホルモンを避けたいと思うと、必然的にプラスチック製品を避けるようになるので、使い捨ての商品を使う頻度も減ります。

  • 環境ホルモンとは何か、その影響など基礎的なことをわかりやすく解説

    環境ホルモンが何なのか、わかりやすく書いた記事。

  • 環境ホルモンに気をつけよう。BPAが健康に及ぼす影響とは?

    環境ホルモンの代表、BPAについて。

    最近は、BPAフリー(BPAの入っていない)プラスチック製品が一般的になりつつあります。

  • ダイオキシンとは? その害と個人レベルでできる対策をわかりやすく解説

    ダイオキシンはとても毒性の強い物質です。殺菌剤や漂白剤の原料としても使用されています。

    塩素を含んだ物質を燃やすと発生し、おもな発生源は、車の排気ガスと、ゴミの焼却です。

    多少なりとも、ゴミを減らす生活をすると、環境保護につながります。

  • フタル酸エステル(環境ホルモン)の毒性とは?プラスチック、ヘアケア製品、化粧品に入っています

    フタル酸エステルは可塑剤(かそざい、物の形を変えやすいようにするために使うもの)です。

    硬いもの(高分子物質)に可塑剤を加えて、柔らかくし、加工しやすくします。

    プラスチック製品(ビニールのように柔らかいものも含む)や化粧品(いい匂いのするもの)に入っています。

  • ファストファッション

  • ファストファッションとは? その仕組みと問題点を2分で学ぶ

    ファストファッションについて何も知らない人向けの記事。Minute MBAシリーズにある1分48秒の動画を紹介しています。

  • 激安衣料品(ファストファッション)を求める心がガラクタを生む~実録・親の家を片付ける(3)

    安いからといってぼんぼん服を買っているとゴミが増えるよ、という記事です。

  • 「真の代償」The True Costはファストファッションの真実を暴く映画 ~これでもあなたは安い服を買い続けますか?

    ファストファッションの問題点を浮き彫りにした、The True Costというドキュメンタリー映画の紹介。

  • 『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』11月日本で公開。服を買い過ぎる人は必見です

    The True Costが日本で公開されたときに書いた記事。

    ファストファッションがどんなふうに環境にダメージを与えるのか書いています。

  • スローファッションとは? 非おしゃれ系おばさんミニマリストの取り組み

    スローファッションは、ファストファッションでない、持続可能な社会や開発を視野に入れたファッションのことです。

    あまり根付いていませんが、以下のような服を着ることで実現できます。

    ・大量生産でない服

    ・フェアトレードの服

    ・環境に負荷をかけない素材の服

    ・中古の服

    ・長く着られる服

    服をたくさん持たず、少しの服をじっくり着るのもスローファッションです。

  • ******

    エコロジーに関する記事のまとめ、その1をお送りしました。

    昔は、「服を捨てられません」という相談メールが多かったのですが、もう、皆、捨てられるようになったのか、最近は、環境に関する話題のメールが多いです。

    持続可能な社会に生きることを意識すると、必然的に、小さな暮らしやスローライフになります。

    エコな暮らしは、シンプルライフを目指している方には、相性のいいライフスタイルではないでしょうか?

    それでは、この続きをお楽しみに。





    ピックアップ記事

    1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

    関連記事

    1. 疲れている会社員。

      ミニマルな日常

      仕事や家事がストレス?仕事を楽しくするためにやめたほうがいい3つの習慣。

      職場や自宅で、できるだけ仕事を楽しくする方法をお伝えします。これから言…

    2. 色鉛筆やペン

      ミニマルな日常

      集めに集めた紙もの文房具を捨て、楽しみながら使う生活へ。

      部屋にたまった物や、ガラクタ思考を片付けている読者のお便り紹介コーナー…

    3. 妊娠

      ミニマルな日常

      物が減らない理由は、収納術にこりすぎているから。

      「筆子ジャーナル」にいただいたお便り紹介コーナー。今回は、2016年の…

    4. 観葉植物

      ミニマルな日常

      シンプルに暮らしたいなら、おしゃれなインテリアではなく、健康的な部屋をめざせ。

      部屋作りをするとき、おしゃれなインテリアや、かわいい部屋を目指すのでは…

    5. 幼児

      ミニマルな日常

      子どもの英語教材を買おうかどうか迷っています←質問の回答。

      2歳のお嬢さんをお持ちの方から英語教材を買うべきか、買わざるべきか、と…

    6. ティーセット

      ミニマルな日常

      もらい物を捨てられないのは、自分の問題と他人の問題を混同しているから。

      どうしても捨てたい物があるけれど、毎回捨てずに戻してしまっている、とい…

    「お気に入り」に登録する

    ブックマークしてまた遊びに来てね。

    Ctrl+D 同時押しで登録できます。

    更新をメールで受け取る

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    998人の購読者に加わりましょう

    新しく書いた記事を読む

    1. 岩山い座る女性の後ろ姿
    2. 静寂
    3. マイク
    4. 50%引きと書かれたスケッチブック
    5. 私の10年日記
    6. 商品の匂いをかいでいる女性
    7. パッキング
    8. ジーンズ
    9. コートを着た女性
    10. 歯医者

    筆子の本・10刷決定です

    オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

     

    1週間で8割捨てる技術
     
    ⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

     

    実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

    大好評・特集記事

    小舟バナー

     

    お金を貯める・バナー

     

    実家の片付けバナー

     

    ファッションバナー

     

    フライレディバナー

     

    湯シャンバナー

     

    ブックレビューバナー

     

    TEDバナー

     

    歯の治療バナー

    今日のおすすめ記事

    1. クリスマスツリー
    2. たくさんあるマグカップ
    3. 指輪
    4. プラスチックカップ
    5. 計画を書く人
    6. フリマ
    7. ベンチで読書
    8. 梅雨時
    9. ゼロ・ウェイストな暮らし
    10. 家事をする主婦

    過去記事、たくさんあります♪

    PAGE TOP