散歩する親子

ミニマルな日常

何がしたいのかわからない。そんな状況から抜け出す方法。

9月から下の子が幼稚園に行くから、ちょっと自分の時間ができる。やりたいことが2つあり、どちらを選んだらいいのかわからない。

頭の中が混乱しているので、片付ける方法を教えてほしい。

こんな質問を、アメリカにお住まいの主婦の方からいただきました。

この記事で回答しますね。

このブログは、海外から読んでいてくれている人も多いので、もしかしたら、同じ悩みをお持ちの人もいるかもしれません。

まずメールをシェアします。Fさんからです。



進む道がわからない

件名:散らかった頭の中の片づけ方

同じ北米在住ということで親近感がわき、ブログを読んでいます。

理路整然とした筆子さんの考え方のファンです。

色々な考えで散らかってしまった頭の中の片づけをし、進む道を見つけなければともがいている今、筆子さんのアドバイスをきいてみたいと思いました。

結婚でアメリカに移住し、3歳と6歳の子供がいる46歳の専業主婦です。

今年の9月から下の子供が幼稚園に通うため、以前から考えていたオンライン大学へ復帰する道か、自分で小さなビジネスを始める道かどちらに進むかものすごく考えています。

経済的自立に近づくことが目標ですが、学校以外の子育ては私がやり日本の文化や言葉を子供に受け継ぎたいです。





オンライン大学へ復学する場合

上の子が産まれる前にアメリカの4年制大学に通い始め、妊娠のため休学しました。

復学するつもりだったので、妊娠中や子供が0歳のうちから地元のコミュニティカレッジで少しずつ必要な単位を取っていました。

下の子が幼稚園に入ったら復学するつもりで、そのように周囲の人に話していました。

しかし、幼稚園といっても下の子が行く幼稚園は、3歳児は週に9時間だけなのであまり私の時間を作れません。

それに何より、以前通っていた学科は同じ学科をオンラインで取れるのですが、おもしろそうではあってもどうしても勉強したいというものではなくなってしまいました。

学科を変えることはできますが、どれも「おもしろそう」の範囲を超えず実用性も全くありません。

就職の保証もありません。

卒業まで少なくとも2年、300万円ほどかかります。学資ローンを組むことになります。

しかし、アメリカでは学歴が高ければ高いほど失業率は低く収入は高い、というデータがあります。

とは言え、アメリカの企業に就職はしたくなく、自分ひとりでできる仕事がしたいのです。親に何かあれば、日本に行く自由も持っていたいのです。

小さなビジネスかフリーランサーを始める場合

大学への復学はせず、オンラインでできる小さなビジネスやクラウドソーシングでの仕事も考えました。

やりたいオンラインビジネスのアイデアは、色々と思いつきます。

筆子さんのようにブログを始めることも考えました。

手作り品を売るサイトのetsyのお店も始めました。

こちらの道を選べば、時間の自由度は上がるものの、経済的自立とは、長い間、ほど遠くなりそうです。

何より、「復学する」と言い続けていたのに途中であきらめる自分が許せないです。

パート勤めを大学進学を理由に辞めたのに、結局何者にもなっていない自分が許せないです。

そして、アメリカでは移民である自分が人並みの扱いを受け、この国の価値観を本当に体得するためには、大学教育を受けるしかないのかもしれないとも思います。

学歴はエゴ、学歴以外に得られるものが大学にある、大卒者の失業率は低い、40代は「大学へ行かなかった症候群」を乗り越えられるべき年齢、起業するなら学歴は必要・不必要、などたくさんの相反する記事をインターネット上で読みました。

独学のやり方が書いてあるScott Youngの「Ultralearning 」を読み始めました。

50歳近くになってアメリカの4年制大学卒の学歴を得る、費用対効果も考えました。情報があればあるほど、混乱はひどくなります。

夫は「大学へ行くなら学資ローンを組むんだね」と言うのみです。裕福な移民の友人は「教育を受けるべき」と言います。

職業は専業主婦、という自分をやめたいのです。

でも、子供を学校や幼稚園の後に施設や他人に毎日あずけることはしたくないのです。

頭の中が散らかりすぎて、私は一体何をしたいのかわからなくなってしまいました。どのように整理したらいいのでしょうか。

Fさん、はじめまして。いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

下のお子さん、この秋から幼稚園なんですね。楽しみですね。

さて、散らかった頭の中の片付け方は、私、毎日のように記事に書いていますよ。

頭の中にあることを徹底的に書き出す

これに尽きます。

もし、私が理路整然と考えているとしたら(そうとは思いませんが)、いつもモーニングページやら何やら書いているからだと思います。

こんな本も出しています⇒お知らせ:エッセオンラインにて『書いて、捨てる!』の紹介記事を配信中。

外側から情報を取得することにばかりエネルギーを注がず、自分の中にあるものとしっかり向き合うこと。

これが、混乱から抜け出す方法です。

書き出すとき、注意することをお伝えします。

自分にとって最善の道を選ぶ

気をつけてほしいのは、自分にとってベストの道を選ぶことです。

他人がどうこう言う、「あなたにとってのベストの道」ではなくて。

友人や、親、家族、先生、上司、占い師。みんないろいろなことを言うかもしれません。

ですが、この人たちは、自分ではないから、今の自分にとって最良な選択はわかりません。

周囲の人は、悪気はないものの、時として、足を引っ張るようなことを言います。

ダイエットしている人間に向かって、「一口ぐらい平気よぉ」とか、「今日1日ぐらいいいんじゃない?」とか言いますよね。

その一口が呼び水になってどーんと食べてしまい、これまでのダイエットがすべて無駄になることが、よくあるというのに。

人の言うことは無視してください。

むしろ、まわりの人は、みな止めるのに、「でも、私はこれがやりたいんだ!」と思えるぐらいじゃないと、どちらに進んでも、すぐに挫折します。

ブレインダンプをしてみる

ブレインダンプを利用して、以下のことを書き出してください。

Cさんは、いろいろリサーチしているみたいだから、そんなこと100も承知だとは思いますが。

すでにやっていますか?

ブレインダンプとは?⇒頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

メリットとデメリット

復学、起業、それぞれについて、メリットとデメリットを書くといいでしょう。紙を1枚ずつ使って、真ん中に線を引っ張って。

書き出しているそのときに、自分の本当の気持ちがわかったりします。

得られるものと失うもの

もう1つ形を変えて、メリットとデメリットを書いてください。

それぞれの道に進んだときに、得られるかもしれないものと、失うかもしれないものというタイトルでリストアップします。

思い込みリスト

自分の思い込みを書き出してください。

書いたら、「これって、本当なの?」と1つひとつ自分で検証します。

たとえば、「アメリカで移民である自分が人並みの扱いを受け、この国の価値観を本当に体得するためには、大学教育を受けるしかない」。

これ、すごい思い込みですよね? まあ、Fさんの価値観とも言えますが。

そもそも、人並みの扱いってなんですか?

そして、アメリカの価値観とはなんですか?

そんな価値観が本当にあったとして、その価値観をもってないとアメリカに住めないんですか?

大卒のアメリカ人は、みな、その価値観を持ってるんですか?

アメリカでは、大卒じゃない人は半人前扱いなんですか?

アメリカでは、能力のある人ほど、大学在学中に起業して、大学を中退している、という考え方もできますが。

スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグ、ビル・ゲイツ、他にもいます。この人たちは、移民ではないから、別枠ですか?

自分が一番求めているもの

自分が求めているもの(できるかどうかは関係ない)を書き出して、そのうち、一番求めているものを1つ選んでください。

そして、このゴールに近づく選択をしていきます。

もっとも求めているものを手に入れると、ほかの細かい問題がおのずと解決されます。

メールには、「経済的自立がしたい」とありますが、これが、一番ののぞみですか?

それなら、「ビジネスをする」の一択になりますよね?

復学すると、300万円借金することになるから、自立から遠ざかります。

「一番欲しいのは、学位だ」なら、復学になります。

「専業主婦です、と人に言わなくてすむ状況がほしい」と思っていると、復学と起業とで迷うかもしれません。この場合、どっちでもいですからね。

書き出し方の例

メールに書いてあった内容を、ざっとまとめてみました。

ゴール:経済的自立

復学に対する気持ち

・どうしても勉強したいわけじゃない

・実用性はない

・就職の保証はない

・卒業まで2年かかる

・300万円の授業料は、学資ローンで調達

・子育ての時間がなくなりそう

これらのネガティブポイントがあるのに復学にこだわっている理由

・アメリカでは学歴が高ければ高いほど失業率が低く収入が高いというデータを重要視している

・大学卒業という夢をあきらめる自分を許せない

・アメリカで移民の自分が人並みの扱いを受け、この国の価値観を体得するためには、大学教育を受けるしか方法がない

・周囲の人に「復学します」と言ったから

仕事に対する気持ち

・自分ひとりでできる仕事がしたい

・ビジネスアイデアはいろいろある

・経済的自立から遠ざかりそう

・時間の自由がある

その他の希望

・専業主婦をやめたい

・子供を他人にあずけるのはいやだ

~~~~~

メール読むと、「復学したくない」と言っているように見えます。

家で仕事をすれば、時間が自由になるし(子育ての融通がきく)、借金しなくてすむし、何がしかの収入が得られるから、経済的自立に近づくんじゃないですか?

それに、「学歴が高いほうが、収入が高く、失業しにくい」というのは、一般企業に勤める場合ですよね?

自分ひとりで仕事するなら、このデータは関係ありません。個人事業主に学歴は関係ないし、赤字や破産はあっても失業はありません(やり続ければいいだけの話)。

「学位を取りたい」というのは、もしかしたらFさんの野望ガラクタかもしれません。

野望ガラクタとは?⇒野望ガラクタを捨てるコツ:ガラクタのタイプ別、捨てられるようになる考え方(4)

以上は、あくまでメールに書かれてあることから、私が判断したことですから、Fさんにはべつの考えがあるかもしれません。

ブレインダンプをすればわかるので、やってみてください。

2つ両方やる方法もある

どちらか一方に決めず、両方ともやることもできます。

子育てしながら、勉強をしている人も、働きながら勉強している人も、ごくふつうにいます。

子育てに時間がかかる間は、ビジネスをしつつ、1学期に1つずつ単位と取るとかすれば、時間はかかりますが、学位を取ることは可能です。

この方法なら、ビジネスの収益を学費に回せばいいから、借金しなくてすみます。

いずれにしても、復学か起業かで、大いに迷うことができるFさんは、とても恵まれています。

移民であれ、何であれ、本当に困っている人は、子供をデイケアにあずけて、四の五の言わずに働きます。

せっかく恵まれているのだから、自分ができることをして、他の人を助けるとか、人のためになることをするという視点をもつと、ぐるぐる悩む毎日から抜け出せると思います。

迷った人におすすめの記事

決断に悩むときこそ大きなチャンス。重要な選択をする方法(TED)

この先どうしたらいいのかわからないと悩んだらこれを読んでください。

2つのうち、どちらがいいのかわからない? 迷わず選ぶ方法を教えます。

決断する力をアップする。自分で決められない理由とうまく決める方法(TED)

仕事や家事の優先順位を決める6つのポイント。やりたいことをやれる人生に。

****

進路に悩んでいる方の相談に回答しました。

あなたも、質問、感想、近況などありましたら、お気軽にお寄せください。

お待ちしています。





遺品整理親の遺品を片付けなければ…と思うばかりで、全く作業が進まない。どうしたらいい?前のページ

捨てやすいものあれこれ~片付けが進まない人は、簡単なものから捨ててね。次のページ冷蔵庫

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. スマホをやる女性

    ミニマルな日常

    汚部屋で疲れ果てている人が、今度こそ片付けを始める4つのコツ。

    部屋を片付けることができないまま、今年も終わってしまいそうな人のために…

  2. シンクの中の汚れた食器

    ミニマルな日常

    自分の何気ない行動が、不用品がたまっていることを表している。

    一見、断捨離や片付けとは関係なさそうな行動が、その家の不用品のたまり具…

  3. ユーテンシル

    ミニマルな日常

    部屋のぐしゃぐしゃを何とかしたいなら、捨てなきゃ。

    台所、リビングルーム、トイレなど、ある程度ターゲットをしぼって部屋を片…

  4. 寝室

    ミニマルな日常

    少しでもお金にしたい、と思う貧乏性なので不用品を捨てられない。

    もういらない物だとはっきりわかっているが、売ってお金にしたいから、なか…

  5. ミニマルな日常

    快適な1日を送るためにやるべき朝の3つの習慣(超基本編)

    良い1日を送る鍵になる、3つの朝の習慣をお伝えします。朝は、1…

  6. マステでラベリング

    ミニマルな日常

    どんどんたまるコードやケーブルを上手に収納する方法~マスキングテープを活用

    スマホやタブレットなどのデバイスを複数所持する人が増え、家の中にどんど…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,331人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 疲れた女性
  2. スノードーム
  3. 片付けている人
  4. スマホを使う人
  5. 罪悪感を感じている人
  6. 流れ作業
  7. いらない靴
  8. 混乱する人
  9. ノーと言う女性
  10. 冷蔵庫から卵を取り出す

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 写真アルバム
  2. 筆立て
  3. 家計簿をつける主婦
  4. 母と子
  5. 洋服を選んでいる女性
  6. プレゼント
  7. 名古屋帯
  8. 人形
  9. アップライトピアノ
  10. キャンドル

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP