クレジットカードで買い物する女性

買わない

クレジットカードでの買い物のしすぎをやめるには(後編)

カードで物やサービスを買いすぎて、借金は減らず、貯金はできない。

こんな生活はもうやめたい。

こう相談してきた方へ、アドバイスを書いています。



前編の復習

前半は

1.基本を押さえる(収支のチェック、予算を立てる、金利の大きい借金を返す)

2.計画をたてる練習をする

3.自分でできることは自分でする

4.不用品を処分する

5.ゴール設定

この5つを紹介しました。

後半は、

6.どれだけ使ったか把握する

7.がまんする練習をする

8.生活の無駄を見つける

9.買い物以外の健全な趣味・習慣を見つける

10.ストレスマネジメント

この5つを順番に説明します。

6.どれだけ使ったか常に把握する

財布に現金を入れておくと、使えばだ減っていくから、お金そのものが、ガソリンのメーターのように、使いすぎを教えてくれます。

すると、「あ、あと少ししかない」とか、「今月、ちょっと使いすぎてる」と気づくことができます。

クレジットカードにはこのメーターがないし、使用限度額も、たいてい自分の返済能力を、を大きく越えた金額だから、使いすぎてしまいます。

そこで、自分で使用限度額とメーターを用意してください。





メーターを準備する

たとえば、こんな方法はどうでしょうか?

ふだんの買い物は、デビットカードを使用する

どうしてもカードを解約できないなら、カードは家に置いておき、通常の買い物はデビットカードを使います。

デビットカードは使った分が即時引き落とされるし、取引があるたびに、メールが来るので、何度も何度もメールが来れば、「あ、今月使いすぎかも」とわかります。

使用したら通知してくれるアプリを使う

クレジットカードで買い物をすると、プッシュ通知をしてくれたり、利用限度額を設定できるアプリや、カードを使います。

せめて、使いすぎたら、アラートを送ってもらう設定をします。

こうすれば、使いすぎれば、そのタイミングでわかります。

手作業で残高を確認する(毎晩)

デビットカードを使うのはいやだし、私のカードにはそんなアプリはない。そんな場合は、毎晩、その日、クレジットカードで使った金額を書き、今月、あとどれだけ使えるか計算して、ノートに書いてください(デジタルツールを使ってもいいです)。

これを毎晩やってください。

カードを使わなかった日は、使用額にゼロ円と書き、今月あとどれだけ使えるかその金額を確認します(きのうと同じはずです)。

毎晩やっているうちに、カードを使うとき、「あとどれだけ使えるか?」という数字について考えるようになります。

余裕があったら、自分が返すべき借金の残高も毎晩、書いてください。

7.がまんする練習をする

手持ちのお金もないし、借金を返済するあてもないのに、クレジットカードを使ってしまうのは、「ほしい!」と思ったときに、がまんできないからです。

きょうからがまんする練習をしましょう。

やり方:

・すぐに買わない。最低でも、72時間(3日)待つ。

クレジットカードが財布に入っていると、がまんしにくいので、財布には入れないように。

・「すぐに、簡単に」の逆の道を行く。つまり、ゆっくり、ちょっと手間をかけて行う。

家事でも遊びでも、何をするときも、「すぐできて、簡単な方法」とは逆の方法をとってください。

すぐに結果を手にしないと、がまんできない人がたくさんいて、

「すぐに、簡単にできる方法教えてください」「いますぐ、こうなりたいんです」「急いでいるから、できるだけ速く返事をください」。

こんなメールをいただくことがあります。

雑誌の取材でも、「すぐに簡単にできる方法、ありませんか?」と聞かれることがあり、そういう方法を考えて、お伝えしているし、このブログにも書いていますが、「今すぐ、簡単にできる方法」で、浅く取り組んでいるから、いつまでたってもできないのです。

大事なことには時間がかかります。

過度のカード払いをやめる挑戦は、自分の人生を大きく変えるひじょうに重大なことです。それだけの覚悟をもって取り組むべき課題なので、手間がかかっても、確実に進んでください。

意志が弱いから貯金もダイエットもできないの。そんな人が自制心を持つ方法。

8.生活の無駄を見つける

クレジットカードで買い物をたくさんする人は、たいてい無駄遣いしています。

つまり、買わなくてもいい物をたくさん買っています。

日常生活を見渡して、買わなくてもいい物を買っていないかチェックし、見つかったら、今後は買うのをやめてください。

C子さん(カード払いをやめたいとメールをくださった方)は、「なんでもストックしていないと不安で大量買いをする」と書いていました。

何をストックしているのか知りませんが、災害時に使う水や食品をストックしていたとしても、そんなにたくさんはいりません。

防災用品や非常時持ち出し袋のミニマリスト基準はどれぐらい?質問にお答えしました

それに、どれだけたくさん買っても先の不安はなくなりませんよ。

円が大暴落したり、預金が封鎖されることもないとは言えません。

「そんなこと起きるわけない」と思うかもしれませんが、新型コロナウィルスによる自粛生活も、去年の今頃は、誰も想像していなかったと思います。

自分の想像を越えた「大変なこと」が起こるのが人生なので、自分の想像内での「ストックがないと心配だわ」なんてのは、心配するほどのことではありません。

買わなくてもいい物を買っていないかどうか、一度、自分の出費をしっかり振り返ってください。

まとめ買いが節約にならない4つの理由。むしろガラクタを増やす危険な買い方。

9.もっと健全な趣味を見つける

クレジットカードで借金を作ったり、返済のあてがないのに、カード払いを続ける人は、買い物が趣味になっていると思われます。

ショッピングが、格好の気晴らし、エンターテイメント、娯楽、レジャー、癒やしになっているのです。

しかし、買い物は、代償の大きな娯楽であり、借金があるのに続けているなら、趣味というより、毒と呼んだほうがいいでしょう。

もっと健全で、自分のためになる趣味を見つけてください。

自分に合った趣味の見つけ方、または有意義な暇つぶしの方法。

どんな趣味でもいいです。

お金を使うこと以外に興味のあることがないなら、生活にダイレクトに直結することをやってみるといいでしょう。

たとえば、

・仕事に関係のある勉強。仕事のパフォーマンスに直結するスキルを磨く。

・運動をして体力をつける

・瞑想をして、心の中を整理する

・ボランティア活動(近所の神社を掃除するとか)

・コミュニケーションスキルをつける

趣味が見つからないときは、新しい習慣を身につけてもいいです。

早起きとか。

いま、ちょうど月初めなので、30日間チャレンジで、何かに挑戦してもいいでしょう。

人生を変えたいあなたに。30日間チャレンジのアイデア88選。

人生を台無しにしないために。暇つぶしの買い物をやめる7つのステップ。

10.ストレスマネジメント

ストレスが原因で買い物してしまうことが多いので、日頃、イライラすることや、不満に思うことがないか考えてください。

ほかの人からどう見られるか、ということを気にしている人はたくさんいますが、自分はどう思っているのか、どう感じているのか、こちらを気にしたほうがいいです。

人が思うことより、自分の思うことのほうが重要です。

自分が考えていることを、まめに紙に書き出してください。

おすすめ⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

ストレスをうまく制御することができると、ストレス解消のための買い物は減るし、「ストックがないと不安だ」という恐怖も感じなくなります。

C子さんのために、ストレスに関するTEDトークを紹介しているので、ぜひ、目をとおしてください⇒ストレスを成功の原動力にする方法(TED)

前編はこちら⇒カード払いが多すぎる人に伝える、基本の節約方法。数字が苦手でも大丈夫(前編)

関連記事もどうぞ⇒仕事のストレスによるクレジットカードの使いすぎに歯止めをかける14の方法。

*****

これまで、「買い物が止まりません」という相談をしてきた方は、例外なく、心のバランスをくずしていました。大きな不満や不安を感じていたり、気持ちがざわざわしていたり、空虚を感じていたり、頭の中が混乱していたりしました。

寂しさを感じている人もいました。

心の中の問題に直面するのを避けるために、あるいは、自分の気持ちを麻痺させるために、買い物をします。

物が欲しいからではありません。気持ちの問題の対処法の1つとして、買い物をしていたのです。

毎日買い物しているうちに、それが習慣になります。

その後は、何も考えず、自動的に買い物をします。

お金がなくても、クレジットカードがあれば、ほしいタイミングでほしい物が買えます。

何も考えたくないし、実際考えていないので、クレジットカードの借金ができます。

こうした生活を変える一番効果的な方法は、自分の心と向き合うことです。

問題があるところに目を向けない限り、問題は解決しません。





ハンドバッグ失ったものを取り戻したいと思うな:部屋が物だらけになる理由(その7)前のページ

買うか買わないか迷ったときに使える8つの判断材料。次のページ考えている女性

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. クレジットカード

    ミニマム思考

    ちょっとの間だけ買うのをやめてみる。「買わない暮らし」をするための5つの方法

    買い物が止まらない人のために、ちょっとの間だけ、買うのがやめられそうな…

  2. セール品

    買わない

    バーゲンセールの誘惑に打ち勝つ7つの効果的な方法。

    セールで衝動買いをしない方法を7つ紹介します。人は、物の値段が…

  3. ブティック

    買わない

    買わない挑戦、2月の振り返り。あまり買い物しませんでした。

    今年は余計な物を買わない、と決めた筆子です。きょうは、2月の買…

  4. 買い物好き

    買わない

    買い物大好き主婦から目的買いができる人になる7つのコツ。

    買い物中毒ぎみで、いらない物を溜め込み、いっこうに貯金できない人は一生…

  5. クレジットカードでお買い物

    買わない

    買い物依存症を治す11の方法(ネット通販編)

    インターネットでの買い物が止まらない、というご相談のメールをいただきま…

  6. スキンケア商品

    買わない

    定期購入は本当にお得か? 必要になってから買ったほうがいい話

    ずっと定期購入を利用していたが、やめてみたら開放感がある、定期購入は自…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,165人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 素朴なマグに入ったコーヒー
  2. 時計を見る女性
  3. 絵本を読む女の子
  4. 紙ゴミ
  5. 本屋にいる人
  6. ミーティング
  7. 古着屋
  8. カレンダーの予定を記入する
  9. ストール
  10. 新しい服

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 片付けられない女
  2. ゴミ出し
  3. くしゃくしゃの引き出し
  4. 何もかも捨てる
  5. 手作り石けん
  6. 衣類の片付け
  7. 朝の一杯
  8. 母親とティーンエージャーの息子
  9. 鍵
  10. シンプルなクローゼット

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP