散らかった部屋

ミニマルな日常

いらない物を捨てているのに、部屋のごちゃごちゃが解消されないときの片付け方(前編)。

場当たり的に片付けるのではなく、最初にしっかり計画を立てて片付けていく方法をお伝えします。

前編は最初の3ステップです。

不用品を1000個捨てるチャレンジや、ワンインワンアウト(1つ物が入ったら、1つ何か捨てる)をやって、それなりに断捨離しているつもりなのに、いつまでたっても、部屋が片付かない。

すぐに汚部屋になる。

こんなときは、もう少し、系統だった片付けをするのがおすすめです。

物を捨てたい気分になったときに、ガーッと捨てて、スッキリ空間を保つことができればそれでもかまいません。

しかし、系統だてて片付けていくやり方のほうが性格に合う人もいます。

「片付けているのにスッキリしない」と思ったら一度試してください。

以下、ステップごとに手順を説明します。



1.問題エリアの特定

ごちゃごちゃしている部屋(それが家全体ならば、それぞれの部屋)を目視して、片付けたい場所やなんとかしたい場所を見つけます。

物が乱雑に積み重ねられている場所、すごく汚い場所、ごちゃごちゃスポットです。

1週間で8割捨てる技術」ではプライムゾーンと呼んでいます。フライレディは、ホットスポットと呼んでいます⇒これならもうリバウンドしない、断捨離習慣を身につける7つの秘訣

それぞれの部屋について、3つぐらい問題エリアを見つけてください。





問題エリアの例

我が家の居間を例にとれば、夫のスペースはすべて問題エリアです。

これまで何度か紹介しましたが、正方形のテーブルの上に、斜めにおいたテレビのモニターの裏が、かなりのごちゃごちゃスポットです。

上から写真を撮ってみました。

ごちゃごちゃ空間

このごちゃごちゃは、夫がテレビを見ているときは、テレビのモニターに隠されて、全く見えません。ですが、私が立っている場所(パソコンに向かっている場所)からは、とてもよく見え、見るたびにうんざりします。

ここまでひどいごちゃごちゃ空間はないかもしれませんが、「物が多すぎてカオスだなあ」という場所を見つけます。

例をあげますね。

居間

・マガジンラックから新聞や雑誌があふれている

・部屋の片隅に、雑誌やCD、その他よくわからない物の山ができている

・テーブルの上にリモコンや書類、飾り物がのっていて雑然としている

・本箱に本が乱雑に積み重ねられていて、1冊抜くと崩れ落ちそうである

キッチン

・食器棚にうんざりするほど、皿がある

・調理ツールを入れる引き出しの中に、いろいろなものが入っていて、引き出しにくい

・乾物など日持ちする物を入れる場所(パントリー)が、カオス。中に何があるのか、よくわからない

・フリーザーの中が食品でいっぱい

玄関

・たたきの上にやたらと靴が出ている

・下駄箱の中にたくさん靴箱がある

・下駄箱の脇に、通販の箱が積まれている

・玄関脇のフックに、コートやジャケットが幾重にも重なってかけられている

収納スペース

・何年も放置している物置状態の開かずの間がある

・ガレージに車や自転車に関係のない物がたくさんある

・寝室の押入れの一角に上から下まで、ざぶとんが重なっている

・自室の押入れに、中身がわからない箱がたくさん積んである

改めて見てみると、片付いていない場所が見つかると思います。

一見きれいでも、ごちゃごちゃが目につかないように、うまく隠しているところもあるかもしれません。

隠している物を捨てるススメ(プチ断捨離44)

このような、「ここが片付いたらいいなあ」、「ここ、片付けたいなあ」「これがすごい目ざわりだ~~~」という場所を見つけます。

問題エリアを見つけたら、ノートにメモします。デジタルでメモするほうがやりやすい方は、デジタルで記録してもいいです。

付せんを使っていただいてもかまいません。写真を撮るのもおすすめです。

すべてを覚えておくことはできないので、ノート(付せん)にメモすることは、はしょらないでください。

2.今月片付けたい場所を決める

ノートにメモした問題エリアを見て、今月片付ける場所を決めます。

スッキリさせたい場所はたくさんあるでしょうが、一度に、何もかもきれいにするのは無理なので、今月きれいにする場所を決めます。

いわば、今月のターゲットエリアです。

週に1つ片付けるとして、4つぐらいでしょうか?

片付けたい場所のごちゃごちゃ具合や、自分が片付けに使える時間や体力によって、数は変わります。

無理のないターゲットを設定してください。

我が家のテレビの後ろのごちゃごちゃぐらいの規模であれば、10分ほどで片付きます。ただ、夫は片付ける気なんて全然ないし、そこに置いてある物をしまう場所もないため、いつもこの状態なのでしょう。

ここにある物が具体的に何なのかよく知りませんが、これらの物体を使っているふしはまったくないので(引っ越してから6年以上この状態)、すべて捨ててしまえば、すぐに片付きます。

DVDプレイヤーのような物は、エコセンターに持っていくために、ひとまとめにして終わりです。

片付けたい場所が決ったら、ノートの別のページに、今月のターゲットとして、1ページに1案件ずつ、書いていきます。

私のように、字が大きく、太いサインペンやマジックで書きなぐる人は、見開き2ページに1つ書いていくといいでしょう。

3.ゴチャゴチャの原因を考えてみる

ターゲット、それぞれについて、なぜ、いつも、ここがゴチャゴチャなのか、考えてください。

「こんな理由で散らかるのかもしれないな」と思うことを、先ほど書いたノートに、それぞれの案件ごとに書いていきます。

ブレインストーミングする感じです。

もともとブレインストーミングは、複数の人たちで、意見を出し合う方法なので、家族や友達と一緒にやればベストですが、自分ひとりだけでも、かまいません。

正解、不正解にこだわらず、「こんな理由なんだろうな」と思うことを自由に出していきます。

何も思いつかない場合は、(そんなことはないと思いますが)、なぜなぜ分析をしてみるといいでしょう。

なぜなぜ分析はこちらで説明しています⇒捨てたら2度と手に入らない、と思うと捨てられない←質問の回答

汚部屋を作っているカオスは、自然に発生するのではなく、そうなる理由があって生まれます

散らかる理由の例

1)マガジンラックから新聞や雑誌があふれている理由は?

・読み終えた分をいつまでたっても捨てないから

・購読誌が多すぎる

・家族が、思い思いの入れ方で突っ込むから

・マガジンラックの下のほうに、古い紙やカタログが入ったままになっているため、新しいものがきれいにおさまらない

2)子供のクローゼットから服があふれている理由は?

・新しい服を買ったあと、用済みになった服(小さくなった服)を取り出さないから

・子供はハンガーに手が届かないので、すべて、床にたまっている

・自分のクローゼットに入らない分の服や、シーズンオフの衣類を、同居させているから

・お下がりでもらった服が多すぎるから

なぜなぜ分析の例

玄関先に靴がたくさんある理由を考えてみましょう。

「靴を脱いだら、脱ぎっぱなしで、下駄箱にしまわない人たちばかりが住んでいるから」。

こんな理由が考えられます。

さらに、なぜなぜ分析をしてみます。

なぜ、しまわないのか?

⇒1.そういう習慣がないから

⇒2.しまう必要性を感じていない

⇒3.しまいたくても、下駄箱がいっぱいで入らない

こんなことを思いつくでしょう。

もう一段階、なぜなぜ分析をすると

しまう習慣がないのはなぜ?⇒別のよくない習慣と行動がすっかり身についているから

必要性を感じていないのはなぜ?⇒たまりにたまったところで、いつも私(主婦)がだまって片付けてしまうから、気づかない

下駄箱がいっぱいなのはなぜ⇒靴が多すぎるから

こんなことに気づきます。

このように、考えつく理由をすべて出しましょう。

この続きはこちら⇒ちゃんと物を捨てているのに、部屋のごちゃごちゃが解消されないときの片付け方(後編)。
******

今日お伝えした中で重要なポイントは、片付けたい場所をちゃんとノートにメモすることです。

「片付けたい場所や、散らかる理由をノートに書いてみよう」というと、「そんなめんどくさいことはしたくない」と反応し、何も書かない人がたくさんいます。

先日、買い物依存症の人からいただいたメールに、「医者に、買った物をメモすることをすすめられたのに、めんどくさいから書いていない」と書かれていました。

買い物が止まらなくて困っています。どうしたらやめられますか?←質問の回答。

この人は、「めんどくさいから書いてないけど、でも買い物を止める方法を知りたい」と私にメールしてきたのです。

医者にすすめられた方法は試さないけど、「買い物が止まる」という結果はほしいのです。

片付けに関しても、これと似たようなことをやる人はたくさんいます。

すすめられたことは、「めんどくさい」と言って何もしないのに、次から次へと「片付く方法」を探し続けます

書き出すことなんてほんの数分しかかかりませんが、絶大な効果があります。

脳で覚えておける情報量はそんなに多くありません(だからこそ、私たちはどんどん忘れます)。

ワーキングメモリ(作業記憶)をうまく使って目の前のゴールを達成する(TED)

きょう、5分使って、片付けたい場所を書いておけば、次のステップの片付け作業(きょう紹介したやり方で言えば、ターゲットエリアの選定をすること)をするとき、また一からやり直さなくてすみます。

きのうの続きに、さっと入れるのです。

片付けに時間をかけているわりには、部屋が片付かないのは、効率のいい片付け方(の情報)を求めるあまり、非効率な片付け方をしているせいかもしれません。

それではこの続きをお楽しみに。





家事をする人最近の私の家事のルーティン、こんなふうに片付けています。前のページ

YouTubeを見る時間がどんどん増えて、このままじゃダメだ!と思った話。次のページパソコンの画面を見る若い女性

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. フェルト

    ミニマルな日常

    収納ボックスにいっぱいあったはぎれを処分して気づいたこと。

    物を減らして身軽に暮らすことをめざしている読者のお便りを紹介します。…

  2. 葬式

    ミニマルな日常

    実家の断捨離中に、とろろ昆布のようなほこり(40年もの)に遭遇。

    読者のお便りコーナーです。今回は、2016年の6月の後半にいただいたメ…

  3. 景色が写り込んでいるグラス

    ミニマルな日常

    70歳、本気で物を減らしてよかったこと。

    シンプルに暮らすことを心がけている読者のお便りを紹介します。2…

  4. 会話する人たち。

    ミニマルな日常

    話の途中に割り込まれてイライラする。こんな時の対処法10個。

    自分の会話をさえぎる人にイライラする。よくあることです。この問題の解決…

  5. 雑誌の山

    ミニマルな日常

    仕事関係の書類、私はこんなふうに整理しています。

    仕事に関係のある書類や資料を捨てることができない、という学校の先生の相…

  6. 衣類の片付け

    ミニマルな日常

    3年間、実家の片付けに奮闘してわかったこと。

    お便り紹介コーナーです。今回は2017年の1月5日から10日までにいた…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,249人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 台所のシンクまわり
  2. 服をチェックする女性
  3. 市販の弁当
  4. 図書館にいる女性
  5. 仕事をする女性
  6. 野原にいる女性
  7. 後悔している女性
  8. 白いTシャツを着ている女性
  9. 汚部屋で瞑想する女性
  10. 紙袋に入ったレモン

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 手のひらの上の小銭
  2. バインダー
  3. 耳鳴り
  4. 化粧品持ちすぎ
  5. おばあさん
  6. 勉強中
  7. 絵葉書
  8. 思い出にふける女性
  9. 手のひらの上の泡

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP