店でセーターを選ぶ人

買わない

不用品を買わない生活をするために、やってみるといい3つのこと。

必要があろうとなかろうと、どんどん買い物してしまうクセを改めたい人に、やるべきことを3つ紹介します。

一言で書けば、買う決断をすぐにしない、となります。

すぐに、商品に関する情報を集め、色、形、機能などを見比べるのではなく、まず、それを買うか、買わないか(使うか、使わないか)決めることに意識を向けるのです。



前提:商品に関する情報集めをする前に

衝動買いや、無駄づかいをやめるために、買う前によく考えましょう」と言われます。

こういうアドバイスを聞くと、「私は、しっかり考えていますよ」と思う人も多いかもしれません。

しかし、大半は、

- AとBとCのうち、どれにしようか、

- 色や形はどれがいいか、

- 少しでも安く買うにはどうしたらいいか←ここにエネルギーを注ぐ人が多い

- どの店で買うべきか、通販、それとも実店舗?

などなど、商品選びや店選びについて考えることに、頭を使っています。

つまり、もう買うことは半ば決まっており、どの商品にするかを一生懸命考えるのです。

もちろん、こうしたことを考えても、衝動買いを減らすことはできます。

「考える」という行動をして、買う前に、ワンクッション置けますから。

しかし、商品や店選びよりも、もっと根本的なこと、つまり、「買うか、やめておくか」と考えることに、もっと時間やエネルギーを注ぐと、無駄な買い物が減ります。

そのために、以下の3つをやってみてください。





1.買うか、買わないか決めるステップを入れる

まず、おすすめしたいのは、すぐに買うと決めないことです。

そのために、買うか、買わないか決めるプロセスに意識を向けます。買い物が止まらない人は、この手続きをすっ飛ばすクセがついています。

自分が買い物するプロセスを考えてください。

たぶん、以下のような順番をたどると思います。

1)特定の商品やサービスの必要性を感じる。それが欲しくなる

2)情報を集めはじめる(リサーチ)

3)候補の商品をピックアップ

4)それぞれを評価する(色、形、機能、値段、使いやすさ、自分に合っているかetc.)

5)買う商品・サービスを決める

6)購入

7)買ったあと使ってみていろいろ感じる(買っただけで満足するケースもあります)

8)よりよい物・サービスに買い直し

買う商品にもよりますが、買い物が好きな人は、このサイクルをずっと続けています。

育児、家事、仕事、社会的なできごと、個人的なマイルストーン(就職や結婚、出産など)に心が向くことがあっても、買い物については、いつもアンテナを立てていて、「次に買うべきもの」のことを、無意識に考えているんじゃないでしょうか?

現在の消費社会において、買い物について考える脳は、パソコンで言えば常駐ソフトであり、いつもバックグラウンドで動いています。

食料品をはじめ、日常的に買わないと困るものに関する思考が常駐になるのは、当然かもしれません。

ですが、「特に必要でもないし、べつになくてもどうってことはない、むしろあると、ガラクタになって、生活が困難にり、すぐに断捨離する運命をたどる」物について、いつもバックグラウンドで考えることはないと思います。

この常駐ソフトを切れば買わない生活になります。

買い物しすぎる人は、上に書いた1)から6)までのステップを、半ば無意識に、えんえんと行っています。

これをやめて、1)を感じたところで、2)に至るまでに、買うか、買わないか決めるのにエネルギーを注いでください。

すると、「買い物思考」という常駐ソフトを切るか、たとえ、それができなくても、そのソフトが消費する脳のメモリを減らせるのではないでしょうか?

1)から2)に自動的に行かないようにするのが肝心です。

2.期待と恐怖をチェックする

べつにどうしても必要ではないが、あったらいいなと思うもの(最新流行の服など)を買うとき、たいてい人は感情のニーズがあります。

その感情は、大きく2つに分けることができるでしょう。

1.期待

2.恐怖

「これを買うと、こんなことが起きそう。それは私の人生をよくしてくれる、だから買おう」と感じるのが期待です。

洋服で言えば、「これを買うと、素敵な自分になれて、気分があがって毎日が楽しくなる。生活がより楽しくなる。ハッピーな自分になる、だから人生がよくなる」とか、

「この服を買って着れば、お見合いで気に入ってもらえるから、うまく結婚できて、幸せな人生になる」といった期待です。

「これを買わないと、こんなことが起きそう。それはいやだ。私の人生が悪くなる、だから買おう」と感じるのが恐怖です。

これも洋服を例にすると、「これを買わないと、センスのない人だと思われて、まわりの人に嫌われてしまう。すると私の人生は真っ暗になり、生きている値打ちもないだろう。それはあまりに恐ろしい」とか、

「この服を買って着ないと、男性にふりむいてもらえない。すると結婚できないから、私は不幸になる」という恐怖です。

期待と恐怖を読み比べてみるとわかるでしょうが、どちらの感情も、根っこは同じです。

つまり、「皆に好かれて、受け入れてもらえば、幸せになれる」という価値観があり、「幸せになるためには、洋服など物を使う必要がある」と考えていると、こうした期待や恐怖が生まれます。

もちろん、対象となる商品や、状況によって、違う期待や恐怖があります。

何かを買おうと思ったら、すぐに、期待と恐怖をチェックしてみると、「自分の偏った価値観のせいで、何かを買いたいと思っているだけかもしれない」と思い直すことができます。

すると、ステップ2)に行かなくてすみます。

2)に行ってしまうと、途中で脱落することもありますが、ステップ8)に到達するまで、あれこれ考え、行動する必要が生まれます。

買い物が減ると、お金だけでなく、気持ち、時間に余裕が生まれます。

それは、物を管理する手間がはぶけるだけでなく、たくさんの物やサービスについて、2)から8)までのステップを踏まずにすむからです。

3.その買い物で本当に叶えたいことを確認する

自分と向かいあうのが怖いから、期待と恐怖のチェックはしたくない、と思う人は、それを買うことで叶えたい究極のニーズを考えてください。

例をあげましょう。

私は木枕を愛用しています⇒木枕でウソのように肩こり解消~健康にいいし、小さいし、床に寝るミニマリストには理想の枕です

木枕を買う前に、究極のニーズのチェックはしませんでしたが、木枕を使って、以下のようなことを実現したいと考えていました。

・肩こりを解消したい

・睡眠の質をアップしたい

・今後、枕や枕カバーでいちいち悩まなくていいようにしたい

・今後、枕や枕カバーを買わないですむようになりたい

・寝具をすっきり収納したい

結果的にこの4つとも叶えられました。

木枕は軽くてコンパクトですし、布じゃないからそんなに汚れないし、汚れたら、ぬれた布でふけばきれいになります。

火事にでもならない限り、死ぬまで持ちますから、今後、枕について考える必要もなくなりました。

このように、その商品を買うことで、実現させたいことや、解決したい問題を考えてください(紙に書くか、デジタルでリストアップすること推奨)。

実現させたいことがなかったり、あいまいだったりする場合、「ただ単に買いたいから」、必要性がある、と自分を思い込ませようとしているのかもしれません。

解決したい問題がちゃんとあったとしても、それを買わなくても、解決できる場合も多々あります。

なくても大丈夫なときは、よくあるので、解決したい問題を書き出した紙に日付を書いておき、3ヶ月~半年、様子を見てください。

一定期間がたったあと、もう一度書き出した項目を読んでみると、前とは違う考えになっている自分に気づくでしょう。

服の買い過ぎ防止に効果がある「洋服ノート」の作り方。

買う前に考えるすすめ、ほかの記事もどうぞ

すぐに買わないで、買う前にしっかり考えなさい(TED)

もう2度と物を増やさない。意識的に買い物をする5つの方法。

自分が大切だと思うものにお金を使う「意識的な消費」のススメ

本当に必要なものや価値あるものの選び方。

買い物する前に自分に聞きたい10の質問、セールで買いすぎないために。

あなたが買い物する理由、この中にありますか? 浪費で消耗する生活からの抜け出すコツ。

服の買い物依存を克服するために心を整える5つの方法。

*****

買い物が好きな人は、買うのが当たり前になっていて、どんな問題が起きたときも、何かを買う(お金を使う)ことで解決しようとします。

しかし、実際は、買わなくても解決できる問題も多いし、買うと新たな問題が生じることもよくあります。

当たり前になっている行動や、悪習慣を断ち切るためには、自分で考えることが一番有効です。

考えることには、お金はいっさいかかりませんし、時間もさしてかかりません。

考えたくない人は、これまでやったことがないから、「なんとなくめんどくさいな」と思い込んでいるだけです。

こんなすばらしい方法が、あまり推奨されないのは、企業にとってうまみがないからだと思います。

健康にいいことをふつうにやれば、誰でも、より健康になるのに、そこを強調してしまうと、特殊な器具やサプリを売ることができません。

それと、同じで、みなが、まじめに考え出すと、商売にならないので、「冷静に考えなさい」とメディアではあまり言わないのでしょう。

ですが、私は、最強の方法だと信じています。





白い封筒封筒、便せん、カードの数を減らして、スッキリ生活する工夫。前のページ

部屋をぐしゃぐしゃにしてしまう3つのクセと、それをやめる方法。次のページティーバッグ

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 買い物中の人

    買わない

    買い物する前に自分に聞きたい10の質問、セールで買いすぎないために。

    年末年始は買い物する機会が多く、浪費しがちなシーズンです。つま…

  2. 白いバッグ

    買わない

    レア物を買いたい気持ちが抑えられない。物集めが好きな人がシンプルライフを目指すには?

    蒐集癖(しゅうしゅうへき)が直らずいつまでも汚部屋のままで困っています…

  3. ネット通販をする女性

    断捨離テクニック

    物の出どころを調べて、これ以上増やさないようにする方法。

    物がたくさんあると落ち着かないし、ストレスもたまります。今回は、物の出…

  4. ショッピング

    ミニマルな日常

    どうしても買い物が止まらない。買い物依存症を自分で治す方法

    断捨離してるけど、「欲しい」という気持ちを押さえることができず、買い物…

  5. オンラインで買い物する人

    買わない

    買わない生活で得られた7つのメリット:買わない挑戦12月の振り返り

    去年1年間、わりと厳密にルールを決めて買わない挑戦をしました。…

  6. 買い物中

    買わない

    出費がかさむ冬場にお金を使いすぎないための4つの準備。

    何かとお金が出ていく冬場にお金を使いすぎないように今からできることを4…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,130人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ヨガをする人
  2. 洋服の山
  3. 贈り物を買ったところ
  4. 窓辺に座る少女
  5. 在宅勤務
  6. オンラインショッピング
  7. 海を見る若い女性
  8. 灰色の猫
  9. 裸足で花を持つ人
  10. ティーカップ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 薄毛のおばさん
  2. 断捨離
  3. スーパーでシャンプーを買う
  4. 断捨離
  5. 眠り
  6. プラント
  7. フリマ
  8. キャッシュレス決済
  9. 女の子
  10. 小麦畑

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP